万木豊の経歴や学歴は?Facebookや家族も調査!

2022年3月30日、万木豊・高島市議(57)を抵抗できない状態の女性に無理やり性行為をしたとして、滋賀県警高島署が準強制性交容疑で書類送検していたことがわかりました。

万木市議が手渡した酒を飲んだ後に意識がもうろうとなった女性に対し、車内で性交した疑いがあります。

市議という立場にありながら、このような卑劣な犯行を行う万木豊とはどのような人物なのでしょうか。

また、またその経歴や学歴、家族についてはどのようなものなのでしょうか。

Facebookの内容も気になりますね

そこで今回は「万木豊の経歴や学歴は?Facebookや家族も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

万木豊の経歴や学歴は?

関係者らによると、昨年7月21日夜、万木市議は大津市内で女性を含む計4人で会食した後、女性を高島市内の自宅に送り届けるため車の運転を担当。

女性は、同市内のコンビニ店の駐車場で万木市議から、開いた状態の缶ビールを渡され、断りきれず飲酒しました。

その後記憶が曖昧になったが、着衣を脱がされ、強制的に性行為をされた場面を断片的に覚えているということです。

万木豊市議の学歴は、1964年4月10日、高島に生まれ、高島保育園、高島小学校、高島中学校に通っていたようです。

そして、県立八幡工業高等学校入学も馴染めず中退したとあります。

市議としての経歴は、平成17年 高島市合併の最初の市議会議員選挙に出馬するも落選。

平成21年に高島市議会議員初当選。

平成25年、自由民主党高島市連絡協議会幹事長に就任。

その後、滋賀県会議員選挙にも出馬するなどして、令和3年1月高島市議会議員4期目当選しています。

 

万木豊のFacebookや家族は?

「高島市議会議員万木ゆたか」というFacebookを見つけることができました。

万木豊市議のものと思われます。

このFacebookをにはプロフィールが公開されており、前述の経歴や、「平成10年長男誕生」という記述がみられます。

「長男誕生と同時に子育て、福祉等に興味を持ち政治の世界を志す」とも記述があり、父親になったことがきっかけで市議への道を歩み始めたようです。

令和3年以降のプロフィールには「スクールガードは通算18年を超える」ともあるので、子育てに興味を持ち続けていることが見受けられます。

そのため、現在の家族構成は未確認ですが、子どもがいること、婚姻関係にある人がいることが予想されました。

他にも、高等学校中退後は大型トラックや大型トレーラーで沖縄以外の全国を走破したとあります。

また、「滋賀県と高島市の素晴らしさを知ることになる」ともあり、地元で市議を目指した動機もうかがえました。

 

まとめ

今回は「万木豊の経歴や学歴は?Facebookや家族も調査!」と題して、記事をまとめていきました。

2022年3月30日、万木豊・高島市議(57)を抵抗できない状態の女性に無理やり性行為をしたとして、滋賀県警高島署が準強制性交容疑で書類送検された事件です。

女性は被害の後、うつ状態に陥り、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されました。

2人は仕事上、面識があり、女性は「性被害を泣き寝入りしたくない」と同署に相談しました。

女性は取材に対し、「物のように扱われ、悔しさと憤りを感じる。」

「市民に選ばれた議員として、万木氏は自分がしたことをうやむやにすべきではない」と訴えています。

今回本人のものと思われるFacebookから、学歴や経歴が判明しました。

また、家族構成は不明ですが、子どもがいることがわかりました。

現在万木豊市議は記者の取材に応じていないそうです。

一刻も早く真相が究明され、被害者の方に平穏な日が訪れることを願います。