山崎康晃の母親べリアの死因は?病気や病名を徹底調査!

DeNAの山崎康晃投手がプロ野球史上最年少で、史上8人目の通算200セーブを達成しました。

重圧がかかるポジションを守り切った支えとなったのは前年10月に死去された母親のべリアさんでした。

べリアさんはフィリピン出身で、女手一つで山崎選手を育て上げました。

享年は51歳です。

山崎選手はべリアさんへの思いを綴った直筆の手紙を公開しています。

昨年10月に亡くなったべリアさんの死因とは何だったのでしょうか。

病気や病名は分かるのでしょうか。

今回は「山崎康晃の母親べリアの死因は?病気や病名を徹底調査!」と題してまとめていきます。

 

山崎康晃の母親べリアの死因は?

山崎選手の母べリアさんは19歳の時に、日本語を学ぶために来日して翌年に結婚しました。

山崎選手は1992年10月に第2子の長男として生を受けています。

両親が離婚したのは山崎選手が小学校3年生の頃です。

母のべリアさんは故郷のフィリピンに帰ることも考えたそうですが、その2年前から野球を始めていた山崎選手が、野球を続けたいといい、日本に残ることを決めました。

べリアさんの死因は、DeNAの発表では遺族の意向で差し控えるとしており、公表されていません。

事故や事件に巻き込まれたのであれば別の報道で公表されていると考えられますので、死因は病気などの理由であろうと推測できます。

 

山崎康晃の母親べリアの病気や病名は?

山崎選手の母べリアさんに病気や持病があったかという情報は見つけることはできませんでした。

べリアさんの享年は51歳ですので、何か病気が原因となっているのだろうと推測できますが、不明です。

DeNAより公表がある前の数年は、山崎選手は不調に陥っていた時期でしたので、母の調子が思わしくなかったのかもしれません。

山崎選手の父親は公表されていませんが、家庭を顧みない人だったそうなので、苦労する母親を見ていたのでしょう。

山崎選手が母にあてた手紙には、感謝の言葉がつづられていました。

 

まとめ

今回は「山崎康晃の母親べリアの死因は?病気や病名を徹底調査!」と題して記事にまとめてきました。

DeNAの山崎康晃投手がプロ野球史上最年少で、史上8人目の通算200セーブを達成しました。

重圧がかかるポジションを守り切った支えとなったのは前年10月に死去された母親のべリアさんでした。

べリアさんはフィリピン出身で、山崎選手が小学3年のころに日本人の父親と離婚し、女手一つで山崎選手と姉を育て上げました。

べリアさんの死因は、親族の意向により公表されていません。

享年から病気による死因であろうと推測できますが、病名などの情報は公表されておらず不明です。