山口雄大・大阪の事故現場や原因は?顔画像とFacebookも調査!

今回は、「山口雄大・大阪の事故現場や原因は?顔画像とFacebookも調査!」について調べていきます。

2022年4月11日、3歳の男の子と接触し死亡させたとして、トラックを運転していた建設作業員、山口雄大容疑者(22)が過失運転傷害の疑いで逮捕され注目されています。

事故が起きたのは、大阪府東大阪市善根寺町の国道170号線で片側1車線の道路で、歩道やガードレールがない場所になります。

警察の調べに対して、山口雄大容疑者は「対向車をよけようとハンドルを切ったら、自転車が見え、直後にガシャンと音がした」と供述しています。

また、山口雄大容疑者は3歳の男の子をはねたことを認めています。

そこで、大阪で起きた事故現場について、原因はなんだったのか調べていきます。

そして、山口雄大容疑者の顔画像やFacebookについても調査していきます。

 

山口雄大・大阪の事故現場や原因は?

トラックを運転していた山口雄大容疑者が起こした事故の原因について調べてみました。

調べたところ、対向車線から来た、バスをよけようと、左に寄せたところ、自転車と接触したとのことです。

そして、自転車には3歳と5歳の男の子が乗っていて、自転車を運転していた母親が倒れた拍子に3歳の男の子が放り投げられて、トラックにひかれたようです。

現場は歩道やガードレール、縁石もなく、道路幅も狭くて、場所によって電柱が道路側によっているところもありました。

そのため、大型車同士がすれ違う際には、左側に寄せなければ通行が危ないと思われます。

山口雄大容疑者は運転中、対向車の状況はみて、何気なく左に寄った時に自転車と接触してしまったのではないでしょうか。

そして、あまりにも急な出来事にブレーキが遅れ、男の子をひいてしまったのではないかと推測されます。

また、自転車に乗っていた男の子たちは、ヘルメットもベルトもしていたかったようで、もし、していたら防げていた可能性もあったのではないでしょうか。

そのため、SNSでは、トラック運転者に対して、同情するコメントも多数あり、「突然倒れたら避けるのは難しい」などがありました。

なお、警察が当時の状況を調査しているため、今後新しい情報がわかり次第更新いたします。

 

山口雄大・大阪の顔画像とFacebookは?

過失運転傷害の疑いで逮捕された山口雄大容疑者の顔画像やFacebookについて調査しました。

調査した結果、報道やSNSで顔画像が公開されておらずわかりませんでした。

また、Facebookについては、同姓同名のアカウントが多数あることがわかりました。

しかし、本人に関する情報が少なく特定することができませんでした。

ただ、事件が大きくなれば今後別の報道やSNS、匿名掲示板などで公開される可能性があります。

そのため、今後も引き続き調査して、新しい情報が入り次第更新していきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「山口雄大・大阪の事故現場や原因は?顔画像とFacebookも調査!」について調べてみました。

2022年4月11日、3歳の男の子と接触し死亡させたとして、トラックを運転していた建設作業員、山口雄大容疑者(22)が過失運転傷害の疑いで逮捕されました。

そこで、トラックを運転していた山口雄大容疑者が起こした事故の原因について調べてみました。

調べたところ、対向車線から来た、バスをよけようと、左に寄せたところ、自転車と接触したとのことです。

そして、自転車には3歳と5歳の男の子が乗っていて、自転車を運転していた母親が倒れた拍子に3歳の男の子が放り投げられてトラックにひかれたようです。

現場は歩道やガードレール、縁石もなく、道路幅も狭くて、場所によって電柱が道路側によっているところもありました。

今回の事故に関して、SNSでは、トラック運転者に対して、同情するコメントも多数あり、「突然倒れたら避けるのは難しい」などがありました。

また、顔画像やFacebookについて調査しました。

調査した結果、報道やSNSで顔画像が公開されておらずわかりませんでした。

また、Facebookについては、同姓同名のアカウントが多数あることがわかりました。

しかし、本人に関する情報が少なく特定することができませんでした。

そのため、今後も引き続き調査して、新しい情報が入り次第更新していきます。