山口県阿武町コロナ給付金なぜ誤送金?犯人の実名特定は?

山口県阿武町が新型コロナ給付金を誤って1人に対し4630万円を振り込んでいたことが大きな問題となっています。

新型コロナ対策の1世帯10万円の給付金を支給する際に阿武町が誤って1世帯に4630万円を振り込むミスをしました。

振り込まれた犯人は「返還できない」と話していることも新たにわかりました。

町の職員が振り込まれた人物と面会したところ「入金されたお金はもう動かしている、もう元には戻せない、罪はつぐないます」と話したといいます。

一体、コロナ給付金でこのような大金の誤送金がなぜ発生したのでしょうか。

また、犯人の実名は特定されているのでしょうか?

そこで、「山口県阿武町コロナ給付金なぜ誤送金?犯人の実名特定は?」と題して記事にまとめていきます。

 

山口県阿武町コロナ給付金なぜ誤送金?

今回、山口県阿武町で発生したコロナ給付金の誤送金はなぜ発生したのでしょうか。

コロナ給付金は1世帯10万円を給付するとなっているはずですが、4630万円ものの入金指示をしたことは間違いにしてもあまりにもひどいように思います。

このような給付金の振込に関しては、普通であれば担当課の支出命令で他の職員や上席職員が異常な内容に気付くはずだと考えられます。

万が一担当課をスルーしたとしても会計担当課による確認があり、個人の口座にそのような多額の金額の振込がされることはあり得ないことに気付くはずです。

しかもこの金額の支出命令は町長決裁だと考えられるので、何から何までおかしいといえます。

誤りで入金された側については、一般的な感覚を持った人であれば銀行や役所に誤りを申し出るはずですが、申し出なかったというのも解せません。

このような発覚の仕方をして「もう手元には金はない。罪は償う」とか開き直って済む問題なのでしょうか?

思いもかけない大金が振り込まれていて即座にその金を別口座に移し、よからぬことに使い込んだと推測されても仕方がないように思いますね。

 

山口県阿武町コロナ給付金犯人の実名特定は?

今回の山口県阿武町で発生したコロナ給付金の誤送金の犯人の実名は特定されるのでしょうか。

普通であればこのような出元のわからない大金が振り込まれたら怖くて手を付けられないと思いますが、この振り込まれた人は罪になっても使うことを選んだということで確信犯と言われても仕方がないように思います。

この問題をたどると、もともとは「住民税非課税世帯」への給付金だったようで、生活保護受給者・障がい者・寡婦(夫)、その他の方が該当するようです。

いずれにしろそこまでの大金を一気に使えるはずはなく、一般世帯より援助される立場にある方だとしても厳正に対処するべきですよね。

現時点では、実名の特定は難しいと思われますが、警察が介入して刑事事件に発展した場合は実名も公開されると思われます。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

関連記事

山口県阿武町が新型コロナ給付金を誤って1人に対し4630万円を振り込んでいた問題で、振り込まれた人物が「返還できない」と話していることが分かりました。 この問題は、新型コロナ対策の1世帯10万円の給付金を支給する際、阿武町が誤って1世[…]

山口県 阿武町 コロナ 給付金 4630万円 誰 名前 顔 画像 特定

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「山口県阿武町コロナ給付金なぜ誤送金?犯人の実名特定は?」と題して記事にまとめてきました。

山口県阿武町が新型コロナ給付金を誤って1人に対し4630万円を振り込んでいたことが大きな問題となっています。

新型コロナ対策の1世帯10万円の給付金を支給する際に阿武町が誤って1世帯に4630万円を振り込むミスをしました。

振り込まれた犯人は「返還できない」と話しているということです。

一体、コロナ給付金でこのような大金の誤送金がなぜ発生したのか、犯人の実名は特定されているのかについてまとめてきました。

これだけ注目されている事件なので、今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。