早稲田大学アカハラ准教授の実名特定は?政治経済学術院女性が台湾で性行為?

この記事では「早稲田大学アカハラ准教授の実名特定は?政治経済学術院女性が台湾で性行為?」と題してまとめていきます。

早稲田大学の男子学生(25)が、指導教員だった同大政治経済学術院の女性准教授から性交渉の強要を含むハラスメントを受けたとして、早稲田大学を相手取り、2022年3月25日に計750万円の損害賠償をもとめる訴訟を東京地裁に起こしたことが話題となっています。

一緒に台湾に行った時などに性行為を強要されたといったことが明らかになっていますが、早稲田大学のアカハラ女性の准教授の実名は特定されているのでしょうか。

政治経済学術院の女性が台湾で性行為をしたというのは本当なのでしょうか。

気になることをそれぞれまとめていきます。

 

早稲田大学アカハラ准教授の実名特定は?

早稲田大学でアカハラをした女性の准教授の実名は特定されているのでしょうか。

こちらで各報道や早稲田大学の情報を調べてみましたが、早稲田大学のアカハラ女性の准教授の実名については現時点では明らかになっていません。

ただ、問題となった女性准教は早稲田大学の政治経済学術院の女性准教授のようです。

早稲田大学の政治経済学術院といえば、早稲田の看板学部である政治経済学部などがあることで有名ですよね。

そこで、早稲田大学の政治経済学術院の女性准教授の特定を試みました。

ただ、この学術院では女性准教授が複数名存在していることがわかりました。

そのため、この事件とは全く関係のない人物が女性准教授として候補にあげられてしまうかのように推測されてしまう可能性があります。

ネット上では特定作業も進まれていますが、原告側の主張と一致する女性准教授を特定することは困難だと思われます。

すでにネットで挙がっている噂や憶測を安易に信じ込まない方が賢明でしょう。

ただ、早稲田大学という超名門大学でこのようなことが行われていたというのは衝撃的ですし驚きを隠せません。

しかも、この事件では女性が男性に性行為を強要したということなので、かなり珍しいケースだと感じますね。

 

早稲田大学政治経済学術院女性が台湾で性行為?

それでは、渦中の早稲田大学政治経済学術院女性が台湾で性行為をしたということについてまとめていきたいと思います。

報道によると、問題の准教授は被害者である男子学生と恋人関係であるかのようにふるまって、台湾出張の時には同行させたといいます。

その時に性行為を強要されたというのです。

台湾に行ったことのある准教授というのもキーワードになると思われますが、早稲田大学のアカハラ女性の行動履歴を確認することはできません。

そこまで細かく行動履歴を公表している教授は少ないと思います。

さらに、報道では准教授が台湾で性行為を強要していたとされていますが、この件については真実かどうかは確認する術がない状況です。

もちろん被害者ではありますがあくまで被害者側の主張であり、准教授側のコメントは詳しく出ていません。

准教授と生徒で元々同意があったのかもしれませんし、食い違いが生じている可能性もあります。

現時点では詳しい状況は確認できませんが、この事件がさらに大きくなれば週刊誌なども取り上げて深堀されると思います。

これから新事実が明らかになってくると思うので、日々報道やSNSを注目していきたいと思います。

今後SNSや2ちゃんねるなどの掲示板でリークされるかもしれないので新しい情報が出たら掲載します。

 

まとめ

この記事では「早稲田大学アカハラ准教授の実名特定は?政治経済学術院女性が台湾で性行為?」と題してまとめてきました。

早稲田大学の男子学生(25)が、指導教員だった同大政治経済学術院の女性准教授から性交渉の強要を含むハラスメントを受けたとして、早稲田大学を相手取り、2022年3月25日に計750万円の損害賠償をもとめる訴訟を東京地裁に起こしたことが注目されています。

早稲田大学のアカハラ女性の准教授の実名は特定されているのかを調べてみました。

一緒に台湾に行った時などに性行為を強要されたといったことが明らかになっていますが、客観的な情報に乏しい状態で現時点では准教授の実名を特定することは困難です。

ただ、もし報道が真実だとしたら教育者として信じられない行為ですよね。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。