塚本晃平の小学校は横浜のどこ?高校大学の学歴も調査!

新型コロナ対策の給付金をだまし取ったとして、塚本晃平東京国税局職員の塚本晃平容疑者(24)ら7人が逮捕されました。

塚本容疑者らは2020年8月頃埼玉県に住む17歳の少年がコロナの影響で収入が減少した個人資産家であると偽り、持続化給付金100万円をだまし取った疑いです。

給付金を暗号資産に投資して倍にするといって知人らを勧誘して、約200件の不正受給を行わせたといいます。

申請名義人は高校生や大学生が多く、名義人の一人が2020年8月頃に警視庁に不正受給を申告したため、捜査をしていたそうです。

このような事件を起こした塚本容疑者は横浜のどこの小学校に通っていたのでしょうか。

また、高校や大学などの学歴はどのようなものなのでしょうか。

今回は「塚本晃平の小学校は横浜のどこ?高校大学の学歴も調査!」と題してまとめていきます。

 

塚本晃平の小学校は横浜のどこ?

この事件では、指示役の東京国税局の男がすでに逮捕されています。

指示役の男は塚本容疑者の職場の同期で、2人は小学校からの幼なじみだったということです。

二人がどこの小学校出身だったのかは、調べてみましたがわかりませんでした。

指示役の男と幼馴染だったというのなら、子供のころから横浜にいるのかもしれません。

しかし横浜といっても広く、公立の小学校だけでも45校あります。

私立も合わせたらもっと多くなることでしょう。

 

塚本晃平の高校はどこ?

塚本容疑者の高校がどこなのかは公表されていません。

しかし国税局に入るにはそれなりの学歴をもっていることでしょう。

高卒でも国税局の入社試験を受けることはできますが、試験内容には読解力や素早い計算能力が求められますので、進学校と呼ばれるところに通っていたのではないでしょうか。

 

塚本晃平の大学はどこ?

塚本容疑者の出身大学も公表されていません。

しかし、国税局の入局試験に受かるということはそれなりの経歴を持っていることでしょう。

国税局への合格者には、法学部や経済学部出身の大学出身者が多いそうです。

国税局のホームページでは出身大学を公表しています。

公表されているのは、金沢大学、慶応大学、上智大学、千葉大学、北海道大学、中央大学、東京大学、東京外国語大学、東京理科大学、東北大学、一橋大学、明治大学、早稲田大学、などがあります。

出身学科は法学部と法科大学院が多く、次いで経済学部が多いです。

人間力重視の採用を行っているため、出身大学(院)は多様になっているそうです。

 

まとめ

今回は「塚本晃平の小学校は横浜のどこ?高校大学の学歴も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

東京国税局職員の塚本晃平容疑者らがコロナウイルス給付金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕されました。

塚本容疑者は申請に必要な書類の作成を担当していたそうです。

塚本容疑者と、先に逮捕されていた元国税局の男は幼馴染で横浜の同じ小学校を卒業しているとされていますが、どこの小学校なのかは公表されていません。

出身高校や大学といった学歴を調べてみましたが、こちらも公表されておらず不明です。

東京国税局に入ったので、それなりの高校や大学の出身であろうとは予想できますが、このような事件を起こしてしまってはその経歴も白紙同然になることでしょう。

現在塚本容疑者は容疑について黙秘しているそうです。

新しい情報が公開されたら掲載いたします。