東京リベンジャーズ273話ネタバレ!マイキーを救う真一郎

この記事では東京リベンジャーズの第273話のネタバレについて考察していきます。

東京リベンジャーズの第273話のネタバレが気になるところだと思います。

最近では「二代目・東京卍會」とマイキー率いる関東卍會との決戦から、マイキーの兄である佐野真一郎のストーリーが展開されています。

第273話では一体どんな展開になるのでしょうか?

273話以降の展開などを考察していきたいと思います。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ

ここまでの話では、佐野真一郎はタイムリープの力を持っているというホームレスの元に訪れ、ホームレスに過去にさかのぼる方法を聞き出そうとします。

ホームレスを相手にする真一郎をワカが止めようとしますが、そんなワカは真一郎に睨まれてしまい帰っていきます。

一方のホームレスは「この力は誰にも譲らない」と話しますが、真一郎の本心としては弟を救いたい一心です。

そんな真一郎の率直な思いに対して、ホームレスは「そんな事」と嘲笑。

ホームレスがタイムリープの力をどのようにして手に入れたのかという展開となり、ホームレスは前に能力を持っていた人物を殺して手に入れたと暴露しました。

ホームレスの話を聞いてタイムリープの能力を手に入れる方法を信じた真一郎は鉄パイプでホームレスを殴り殺してしまいます。

しかし、ホームレスを殺したもののも真一郎は過去に戻れませんでした。

真一郎の身を案じた春千夜は真一郎の家に向かいますが、川にかかった橋の手すりの上に立っています。

当日の7月30日はマイキーが事故にあい、植物人間になるきっかけとなった日です。

身を案じた真一郎を助けようとする春千夜の目の前で真一郎は川に飛び込んでしまいます。

川の中に飛び込んだ真一郎は、何らかの力で目を覚まし、プラモを手にして走り回るマイキーが登場します。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|タイトルは「もう一度」

272話のタイトルは、「Over again」で、「(初めから)もう一度」という意味です。

マイキーが植物状態となった日に川へと飛び降り死亡したハズの真一郎でしたが、ホームレスを殺して奪ったタイムリープの能力が発動することに。

4年前へと戻った真一郎は、マイキーが事故で植物状態となることを防いでおり、タイトルの通りに初めからもう一度やり直していると言えます。

川に飛び込んで死亡したはずの真一郎でしたが、ふと気が付くと目の前ではコンコルドのプラモを手にしたマイキーが、自分の方へと勢いよく向かってきていました。

自分に向かってきたマイキーを避けることができず、顔面を蹴られてソファへと倒れ込む真一郎。

目を覚ました真一郎は、自分は川に飛び降りて死んだハズであるため夢を見たのかと思うも、武臣の背後のカレンダーが4年前の今日の1999年7月30日となっていることに気付きます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|過去に戻った真一郎

プラモを手にして「あんなのいつもなら避けられたじゃん。」と口にするマイキーを見た真一郎は、思わず涙を浮かべるとそのままマイキーを抱きしめて号泣します。

動揺しているマイキーをよそ目に目の前にマイキーがいる光景が夢ではないと気付いた真一郎は、「万次郎 今からバイク乗らないか?」と誘います。

マイキーにバイクを運転させながら、『夢じゃねぇ』と頭の中で嬉しそうに言っています。自分が死んだハズの日からちょうど4年前にタイムリープしたと現状を整理し、人生をやり直せる・今度こそ自分がマイキーを守ると思う真一郎。

【最初の世界線】では、バイク屋でバイト中の15時半に祖父から電話が来て、マイキーが植物状態となってしまいました。

対する現在では「やっぱオレ バイク好きだ!!」と笑うマイキーの姿が目の前にあり、「運命が変わったのか?」と思いを巡らせます。

バイクを走らせた後、帰宅した途端に家の中へ駆け込んでいく真一郎を見て、「今日なんか変なんだよなぁー」と困惑するマイキー。

一方の真一郎は、祖父・エマの二人が料理をしている光景を目の当たりにして、再度目に涙を浮かべることに。

包丁を握った事がないにも関わらず料理を手伝うと言い出し、それを指摘されると「じゃあ掃除してくる!」

そんな真一郎を見て、「…ヘンな真兄」と口にするエマが描かれました。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|マイキーが黒い衝動に呑まれた理由は?

廊下を雑巾で掃除しながら、祖父が元気でエマもいる現状に「最高だ」と涙を浮かべながら思う真一郎。その時、「やめろよ、マイキー!」

場地の声が聞こえ、真一郎は声がした方へと駆けつけることに。

すると真一郎の目の前には【黒い衝動に呑まれた】マイキーがおり、

口から血を流す春千夜に対して「笑えよ、春千夜」と口にしていました。

時刻は夜へと変わり、真一郎の「なんであんな事を?」との問いに、「オレ…どうしちゃったんだろう……」と自分でも困惑した様子で答えるマイキー。

気付いたら春千夜の口を裂いていたと言うマイキーは真一郎に謝りつつ「自分でもなんであんな事したかわかんねぇんだ」と続けます。

そんなマイキーに対し、「謝る相手はオレじゃねぇだろ?」と諭す真一郎。

春千夜のお見舞いに向かう真一郎たち。

後日、入院している春千夜の元に訪れ、顔に包帯を巻く春千夜に謝罪をするマイキー。

とんでもない事をしてしまったと言うマイキーは、「キズ…ずっと残っちゃうかもしれねぇよな…」と自分のしでかした事の重さを反省している様子。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|黒い衝動とは?

タケミチに対し、マイキーは黒い衝動は愛だと語っていました。

おそらくですが、今回が初めての黒い衝動の発動だと思われます。

黒い衝動が愛ということは、真一郎のマイキーに対しての愛が強すぎるため黒い衝動となってしまったのではないかと考えられます。

真一郎のマイキーに対する思いは揺るぎないものであるため、マイキーに黒い衝動を生まないようにすることは難しいものと思います。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|真一郎が一虎に殺される?

真一郎がタイムリープしていたのは、最初の世界線でマイキーが植物状態になった日の4年後2003年7月30日。

現代に戻ってきた日も2003年7月末・8月初頭と思われ、約二週間後の8月13日に一虎に殺されることになると考えられます。

タイムリープをしてマイキーを救うことに成功した真一郎でしたが、その甲斐虚しく273話にて死亡する場面が描かれるのでは無いでしょうか。

真一郎がタイムリープをした結果、マイキーが死亡する最初の世界線から、マイキーが東京卍會を作り出した作中の世界線へと移行したと考えられる『東京卍リベンジャーズ』。

一方、真一郎がタイムリーパーだとマイキーが知ったのは、三天戦争の数日後にワカの口から聞かされたからと268話で言及されています。

そのため273話では、真一郎がタイムリープしたことをワカに明かすシーン辺りが描かれると思われます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|マイキーを救う真一郎?

真一郎は時を遡る力を持つと言うホームレスを殺害しましたが、過去に戻ることができずに絶望していました。

そんな時、何もかも失った真一郎はマイキーの事故が起きた7月30日に、大雨が降って水が増している川に飛び込んで自殺しようとしてしまいます。

しかし、増水した川に飛び込み、死亡したはずの真一郎は光のようなものに包まれ、「ドクン」というタイムリープの合図が。

真一郎の目の前には、事故当時のマイキーの姿があり、驚いた表情の真一郎から、タイムリープに成功したことがわかります。

川に飛び込んだはずが目の前にマイキーを見る真一郎。

時を遡ったことを悟った真一郎は、7月30日に事故で植物状態になるはずだったマイキーを救う展開になると推測します。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|佐野真一郎のタイムリープの後継者は誰?

佐野真一郎はホームレスを死亡に追い込んでタイムリーパーとなりますが、その後に能力が誰に渡ったのかはわかっていません。

候補としては、タイムリープができるタケミチと、タイムリーパーである真一郎を殺害した一虎が能力を手に入れたと推測できます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|タケミチが真一郎の後継者?

一つ目の考察としては、主人公であるタケミチが真一郎からタイムリープの能力を受け継いだという可能性です。

タイムリープの能力をどのように譲るのかは判明していませんが、真一郎がタケミチに対して何らかの方法で力を譲っていたということが考えられます。

真一郎は2003年に死亡していますが、時系列を考えると、タケミチが小学生の頃に二人が出会っていたと推測できます。

マイキーはタケミチについて、「兄に似ている」とたびたび話していることから、何らかの接点があったとも取れます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ|羽宮一虎が真一郎の後継者?

佐野真一郎は2003年8月13日に亡くなっていますが、殺害したのは羽宮一虎です。

マイキーにバイクをプレゼントするためにバイク店に侵入したところ、店主である真一郎に見つかって殺害をしてしまいましたね。

271話ではタイムリーパーを殺害すると、時をさかのぼる能力を手に入れることができると判明していることから、羽宮一虎が時をさかのぼる力を持っている可能性があります。

ここにきて、一虎がキーパーソンであることも浮上してきましたね。

ひょっとしたら、少年院から出てきた一虎がタイムリープをするのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ確定

東京リベンジャーズ273話の内容が判明したため、こちらにまとめていきます。

ここからはネタバレを含みますので、実際に手に取ってみたい方は、10月12日発売の『マガジン』に掲載されますので、ご自身の目で確かめてください。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ確定|助かったマイキー

前話の最後で真一郎は、春千代との握手によってタイムリープして、元の世界線に戻りました。

過去に戻ると、真一郎の前にはバイクに乗った元気な姿のマイキーがいたのです。

マイキーが愛用のバイクが壊れて真一郎の店に修理をお願いしに来たところ、真一郎はその姿を見て涙を流しました。

ここで、「泣き虫の最弱王」と言われた真一郎が現れたことになりますね。

このあたりで、これまで描かれてきた真一郎の姿になったように感じます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ確定|真一郎が春千代に告白

春千代は真一郎が突然と泣き出したことを不思議に思い、真一郎になぜ泣いているのかを聞きます。

返ってきたのは思ってもいなかった真実で、真一郎がマイキーを救うために、人を殺してタイムリープをして過去に戻っていたということでした。

このことから、本編の世界線でなぜ春千代がマイキーの業について知っていたのかがわかりました。

真一郎の告白に対して、春千代は言っている意味が分からないため、呆然としています。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ確定|トリガーだと悟る春千代

真一郎は春千代と、マイキーを救うために過去に戻ったことについて話をしていきます。

そして、真一郎がタイムリープしたのは握手をしたことがきっかけだと知ります。

自らがトリガーであることを理解した春千代は、マイキーの現在の姿を真一郎に話します。

真一郎は春千代の口から、マイキーには本来なかったはずの黒い衝動が宿っていることを聞かされます。

未来を変えたことに対する代償が現れていたことに驚いた真一郎は、解決策を考えていきます。

 

東京リベンジャーズ273話ネタバレ確定|タケミチ少年と真一郎の出会いは?

真一郎の場面から一変して、タケミチが若かったころの情景も描かれます。

タケミチは戦隊モノに登場するヒーローのような格好をして、スーパーヒーローになると語っていました。

タケミチには目標としている人がいて、目標とする人ははとても強かったといいます。

語り口から、タイムリープする前に最強だった真一郎のことではないかと推測されます。

ただ、真一郎とタケミチがどのようにして出会っていたのかが気になるところです。

次の話では、タケミチと真一郎の出会いやエピソードなども描かれていくと考えられます。

 

まとめ

この記事では東京リベンジャーズの第273話のネタバレや確定速報について考察してきました。

真一郎は春千代に対して、自身がどのようにタイムリープをしたのかを告白。

一方の春千代も真一郎に、現在のマイキーの状態などを知らせ、黒い衝動の存在についても説明します。

また、若かったころのタケミチの場面も描かれます。

戦隊モノに登場するヒーローのような格好をするタケミチが目標としている人は、真一郎を連想させる人物でした。

今後は真一郎とタケミチがどのようにして出会っていたのか、二人の関係性について描かれていくと思われます。

東京リベンジャーズの第273話のネタバレや確定速報を考察してきました。