東金道路あおり運転犯人は誰?千葉353ほ80-14の特定は?

ネット上で、千葉県の東金道路において自動車を運転していた人が、黄色いホンダCHRの車からあおり運転を受けて強制的に停車を迫られたいう動画がユーチューブに公開されて、ネットで大きな騒動に発展していますね。

犯人は、黄色いCHRに乗っていたということで非常に目立っています。

また、ナンバーは千葉353ほ80-14という情報が出回っていますが。

一体、東金道路であおり運転を起こした犯人は誰なのでしょうか。

また、千葉353ほ80-14で間違いなく特定なのでしょうか。

そこで今回は、「東金道路あおり運転犯人は誰?千葉353ほ80-14の特定は? 」というタイトルで記事作成をしてみます。

 

東金道路あおり運転犯人は誰か顔画像特定?

今回話題となっている、東金道路の路上であおり運転を起こした犯人は誰かわかっているのでしょうか。

こちらで犯人について調べてみました。

しかし、あおり運転を東金道路で発生させた張本人の犯人は誰なのか、今のところは逮捕されておらず特定されていない状態です。

しかし、動画がYouTubeで公開されていて、あおり運転の当時の状況について一部始終が収められています。

これだけ世間的に大きく注目を集めている事件です。

すでに全国ニュースでもとりあげられており、近日中にはどこの誰なのか特定される可能性は高いと思われます。

以前からあおり運転は問題になっていますが、ここ最近は特にあおり運転が悪質になっています。

法律が強化されたにも関わらずこのありさまです。

東金道路あおり運転犯人に関する情報は、今後SNSや2ちゃんねるなどの掲示板で新しい情報が出るかもしれません。

続報が入りましたら改めて掲載します。

 

あおり運転CHRのナンバーは千葉 353 ほ 80-14?

次に、東金道路であおり運転をしたCHRがつけていた車のナンバーについても見ていきたいと思います。

拡散されて炎上した動画では、あおりをした犯人のナンバープレートが映しだされていました。

また、すでにツイッターでも拡散されています。

上記でまとめた画像を見てみると、犯人の車のナンバーは「千葉 353 ほ 80-14」だと判別できます。

このナンバーについて検索すると、偽装されているのではないかと指摘されていることがわかりました。

犯人の車のナンバーを照会してみると、「該当車両なし」となってしまうのです。

照会しても問題の車両が存在しないため、あおり運転の犯人が乗っていた車両の運転手は特定が難しい状態です。

 

ナンバー付け替えか盗難車?

上記のように検索してもヒットしないナンバーに乗っていた犯人ですが、照会結果でも問題の車両が存在しないため、加害者がナンバーを付け替えたのではないかとも推測されます。

もしくは、盗難をした車両に乗っていた可能性も考えられます。

偽造疑惑に加えて、盗難車を利用していたかもしれないとされているので、犯罪が絡んでいる臭いもぷんぷんしますよね。

いずれにせよ、かなり問題の多いあおり運転犯人であることは間違いありません。

 

東金道路あおり運転犯人の自宅住所はどこ?

東金道路であおり運転をした犯人の自宅住所はどこかわかっているのでしょうか。

調べてみると、一般の方が4月22日に犯人の住所を特定したことがわかりました。

そして、警察に通報していたというのです。

Twitterのインフルエンサー滝沢ガレソさんの元には情報が報告されていました。

滝沢さんのフォロワーが犯人の近くに住んでいたといい、自宅住所が特定されました。

このフォロワーは警察への通報を済ませています。

そのため、近日中には警察が犯人の家を訪れる可能性があるでしょう。

画像を見てみると完全に車両のナンバーが合致しています。

そのため、犯人は煽り運転が報じられて問題が多くなった後も同じ車のナンバーで運転していたということですね。

 

東金道路あおり運転CHRの犯人逮捕はいつ?

一体、東金道路のあおり運転の犯人の逮捕はいつかわかっているのでしょうか。

調べてみましたが、現時点では犯人は逮捕されていないと見られます。

ただ、これまで見てきたように犯人はかなり異常なあおり運転をしていたことがわかっています。

ナンバーは特定されており、被害者のドライブレコーダーにも鮮明に映っているので、犯人が特定されれば逮捕されるのではないかと思われます。

犯人が逮捕されれば、実名報道もされる可能性がありますね。

現時点では逮捕されたという情報は出回ってきていませんが、新しい情報からは目が離せません。

 

まとめ

この記事では、は「東金道路あおり運転犯人は誰?千葉353ほ80-14の特定は? 」についてまとめてきました。

ネット上で、千葉県の東金道路において自動車を運転していた人が、黄色いホンダCHRの車からあおり運転を受けて強制的に停車を迫られたいう動画が大きな騒動に発展しています。

犯人は、黄色いCHRに乗っていて、ナンバーは千葉353ほ80-14だとわかっています。

ただ、現時点では、東金道路であおり運転をした犯人は誰かわかっていないのが実態です。

ナンバーは偽造されているのかは判断が難しいですが、偽造の可能性は高いと推測されます。

それにしてもあおり運転は一向になくなりませんよね。

これだけ問題化しているならば、もっと厳罰化してほしいと思います。

この件に関してはまだまだ注目されているので、これからも引き続き注視していきたいと思います。