舘野真知子の死因は癌?何の病気でいつからなのかを検証 !

発酵料理で知られる料理研究家で管理栄養士の舘野真知子(たてのまちこ、本名・小林真知子)さんが5月1日に亡くなったと報じられて注目されていますね。

舘野真知子さんの年齢は48歳で、若くして亡くなったとして話題となっています。

通夜が3日午後6時か行われ、葬儀も4日に行われます。

舘野真知子さんの死因がきになりますが、癌だったのでしょうか。

何の病気にかかっていていつから患っていたのかも気になりますよね。

そこで、「舘野真知子の死因は癌?何の病気でいつからなのかを検証!」というタイトルで記事を作成していきます。

 

舘野真知子の死因は癌?

舘野真知子さんの死因は癌で言われる理由はなぜでしょうか。

舘野真知子さんが亡くなったという報道は5月3日になされました。

ただ、こちらの方で各報道を確認しましたが、病名については一切触れられていないことがわかりました。

ただ、唯一明らかになっているのは舘野真知子さんは48歳という若さで亡くなったということです。

このような若さで亡くなるとしたら、大きな病気か急病だったと推測されます。

そのため、ネット上では死因はがんだったのではと考えられれているようです。

現代は2人に1人が癌で亡くなると言われており、若くして癌で亡くなるというケースも珍しくはありません。

ただ、現時点では癌であるという確定した情報はないので、今後舘野さんの死因が癌であるとわかった時には更新していきます。

 

舘野真知子は何の病気でいつから?

舘野さんは、発酵料理に詳しい料理研究家で活動していました。

発酵料理といえば健康にいいイメージがありますよね。

本人としても、健康管理や食生活には十分配慮していたと思います。

極端な偏食や暴飲暴食は論外ですが、いくら体に良いものに気を遣っていたとしても病気になる時はなり、持って生まれたDNAや体質なども関係しているということかもしれません。

具体的に何の病気を患っていたのかは一切報じられていません。

過去の記事なども調べてみましたが、病気を患っていたという情報は見つかりませんでした。

そのため、家族や親族など一部の人にのみ公表していたのかもしれません。

ただ、ひょっとしたら発酵食品を極められるきっかけも、元々持病を持っていたり、虚弱だったからなのかも知れません。

 

まとめ

この記事では、「舘野真知子の死因は癌?何の病気でいつからなのかを検証!」というタイトルで記事を作成してきました。

発酵料理で知られる料理研究家で管理栄養士の舘野真知子(たてのまちこ、本名・小林真知子)さんが5月1日に亡くなったと報じられて注目されています。

舘野真知子さんの年齢は48歳で、若くして亡くなったとして死因や何の病気だったのかが話題です。

舘野真知子さんの死因が気になりますが、癌だったのかという確証は得られていません。

何の病気にかかっていていつから患っていたのかも気になりますが、闘病生活については一切公になっていませんでした。