ツバメの巣破壊大阪犯人の特定は?顔画像と名前を徹底調査!

大阪府枚方市で深夜、子育て中のツバメの巣を破壊する映像が公開され、話題になっています。

破壊された巣を発見した人は、巣の代わりの箱を設置したそうです。

つまりは巣の中には卵やヒナがいたということになります。

そんなツバメの巣を破壊した犯人は特定されているのでしょうか。

顔画像や名前も気になります。

今回は「ツバメの巣破壊大阪犯人の特定は?顔画像と名前を徹底調査!」と題してまとめていきます。

 

ツバメの巣破壊大阪枚方の犯人の特定は?

ツバメの巣を破壊するという行為は、『鳥獣を捕獲、殺傷したり卵を採取、損傷する』ことに当たり、鳥獣保護法に抵触する可能性があります。

巣の中に卵やヒナがいなかった場合はその限りではないですが、今回は発見者が巣の代用品を設置しているため、破壊された巣の中には卵もしくはヒナがいたという可能性があります。

今回の事件の犯人は公表されていません。

しかし、ツバメの巣の破壊行為が鳥獣保護法違反と判断されたときは、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられ、情報が公開されるのではないでしょうか。

 

ツバメの巣破壊大阪犯人の顔画像と名前は?

ツバメの巣を破壊した犯人の顔画像や名前は、こちらの方で各報道で確認したり、該当する情報から調べて特定を試みました。

ただ、現状として該当人物に関する顔画像は公開されておらずわかりませんでした。

公開されている映像も、顔部分にボカシが入っていて、特定できないようになっています。

ツバメの巣を破壊した実行犯は1人ですが、一緒に行動していた4人の人物も映像に残っています。

実際に破壊行為をした人物はもちろんですが、もし他の人物がそそのかして犯行に及んだのなら、その人物にも何らかの罰則が与えられるかもしてません。

今後情報が入りましたら掲載いたします。

 

まとめ

今回は「ツバメの巣破壊大阪犯人の特定は?顔画像と名前を徹底調査!」と題して、記事にまとめてきました。

大阪府枚方市で、ツバメの巣が人の手により破壊されるという事件があり、話題になっています。

ツバメは地域によっては、家に巣を作ると幸運が舞い込むとして、益獣とされています。

実際、羽虫などの害虫を餌としているため、ツバメがいると保護する行動をとる人は多いようです。

今回のツバメの巣には、卵やヒナがいた可能性があり、鳥獣保護法違反となる可能性があります。

このような事件を起こした犯人は誰なのか、公開はされていません。

破壊行為をした人物と、一緒に行動していたらしき4人の人物が写っている映像は公開されていますが、顔画像は特定できないように加工されています。

名前も各報道などを検索しましたが公表されていませんでした。

しかし、この行為が鳥獣保護法という、法律に触れる行為と判断されたときには情報が公開されるかもしれません。

今後、ニュース裏読み深読みでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。