鈴木竜太記者のwikiプロフと顔画像!ガーシー激怒の理由やテレビ出演も調査!

6月29日配信のガーシーチャンネルにて、鈴木竜太という人物の名前が登場しました。

鈴木氏は文春と女性セブンの名刺を持って活動されている記者の方だそうです。

過去にはテレビ番組にも出演していたことがあるそうです。

この方に関して暴露系ユーチューバーガーシーこと東谷義和さんが激怒していると話題になっています。

ガーシーを激怒させた鈴木氏のwikiプロフや顔画像はどのようなものでしょうか。

ガーシーが激怒している理由や出演したテレビについても調べたいと思います。

今回は「鈴木竜太記者のwikiプロフと顔画像!ガーシー激怒の理由やテレビ出演も調査!」と題してまとめていきます。

 

鈴木竜太記者のwikiプロフと顔画像!

鈴木氏のプロフィールですが、2009年から週刊文春の派遣の張り付き記者となります。

2011年と2015年には編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞スクープ賞を受賞しました。

他にも育休を取得していた国会議員の不倫問題や、レコード大賞の買収疑惑などをスクープしています。

2020年にはジャニーズグループ、嵐の活動休止に関する記事も執筆しているようです。

鈴木氏の顔画像を検索しましたが、見つけることはできませんでした。

しかし、鈴木氏は以前にテレビ番組に出演したことがあります。

その番組のアーカイブを捜索すれば見つけることはできるかもしれませんね。

 

鈴木竜太記者にガーシー激怒の理由は?

今回、ガーシー氏が鈴木氏に激怒した理由としては、鈴木氏の調査内容にあるそうです。

ガーシー氏は6月29日の配信によると、以前ガーシー氏が経営していた店の従業員が、店を辞めた数年後に自ら命を絶った方がいたそうです。

鈴木氏は10年以上たってやっと日常を送れるようになった遺族の方に、ガーシー氏の暴露ネタのために取材を申し込んだとしています。

せっかく気持ちが落ち着いたのに、再び大きな悲しみを思い出させるような行為をしたとして、ガーシー氏は鈴木氏に激怒したようです。

ガーシー氏も父親を自死でなくしており、「父親の取材を申し込まれたらキレる」と言っていました。

ガーシー氏は遺族の苦しみや悲しみを身をもって知っているのでこのように激怒したのですね。

 

鈴木竜太記者のテレビ出演は?

鈴木氏は2017年9月20放送の『じっくり聞いタロウ』という番組に記者という肩書で出演されていました。

この番組では顔を出し、当時追っていたネタのことを話していたようです。

芸能記者は対象にばれないように顔を出さないのが不文律とされていましたが、この時は「もういいかな」となったそうです。

他にも『ミヤネ屋』にも出演したことがあるそうですが、こちらも画像は見つけることができませんでした。

 

まとめ

今回は「鈴木竜太記者のwikiプロフと顔画像!ガーシー激怒の理由やテレビ出演も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

6月29日配信のガーシーチャンネルにて、鈴木竜太という鈴木氏は文春と女性セブンの名刺を持って活動されている記者の名前が登場しました。

鈴木氏のwikiプロフは、2009年から週刊文春で記者として活動していて、2011年と2015年には編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞スクープ賞を受賞しているような人物です。

こんな鈴木氏に対してガーシー氏は激怒していると話題になっています。

激怒している内容は、ガーシー氏が依然経営していた店の従業員が辞職して数年後に自ら命を絶っていて、最近になって鈴木氏が遺族に取材を申し込んだことにあります。

やっと気持ちが落ち着いたところに、悲しみを思い出させるな、とガーシー氏は激怒したそうです。

鈴木氏は芸能記者なので顔出しはしませんでしたが、過去に『じっくり聞いタロウ』と『ミヤネ屋』という番組に記者として出演したことがあります。

どちらも検索しましたががそうは見つけることができず、鈴木氏の顔画像を見つけることはできませんでした。