清水心ちゃんは性的わいせつが事件の動機?スーパーはどこ?

11年前に熊本市の商業施設のトイレで発生した女の子に対する事件が改めて注目を集めています。

当時3歳の長女の命を奪われた清水誠一郎さん(51)が佐賀県みやき町立北茂安中で講演し話題となっています。

清水さんは2011年3月、長女の心(ここ)ちゃんを大学生の男に殺害されました。

清水さんは、事件を振り返りながら、一時は残された家族全員で命を絶とうと考えたことや、最愛の娘を守れなかったという自責の念に苦しみ続けている心境を明かしたといいます。

この講演をきっかけにこの事件への関心が高まっています。

調べてみると、清水心ちゃんの事件は性的わいせつが動機だったのではないかとみられていることがわかりました。

事件は地元のスーパーでの犯行だったといいますが、どこのスーパーなのでしょうか?

そこで、「清水心ちゃんは性的わいせつが事件の動機?スーパーはどこ?」と題して記事にまとめていきます。

 

清水心ちゃんは性的わいせつが事件の動機?

清水心ちゃんを殺害した犯人の動機は一体何だったのでしょうか。

性的わいせつではないかとネット上では言われていますが、本当なのでしょうか。

どうやら、心ちゃん殺害の動機はわいせつ目的だったというのが濃厚のようです。

事件当時、遺族が証言しています。

遺族の言葉の中には、「娘を虫けらのように殺し、その遺体にわいせつな行為をした被告は許さない」という強い口調の説明がありました。

このことから、犯人は心ちゃんに対して性的関心を持っており、わいせつ目的で犯行に及んだと考えられます。

ネット上でも、性的わいせつが事件の動機だったという推測が強いです。

 

清水心ちゃん事件のスーパーはどこ?

それでは、清水心ちゃんの事件が発生したスーパーはどこなのでしょうか。

調べてみると、事件が発生したのは熊本市高平のスーパー「ビックザビックエース清水バイパス店」であることがわかりました。

地図を調べてみるとこのあたりになります。

心ちゃんは事件当日の夜、両親と兄と一緒にスーパーに買い物に来ていたといいます。

犯人は心ちゃんをスーパー1階の障害者用トイレ内で首を手で絞めて殺害し、リュックサックに入れて運び出したということです。

その後の供述では、心ちゃんに騒がれたので殺したということを話していました。

 

まとめ

この記事では、「清水心ちゃんは性的わいせつが事件の動機?スーパーはどこ?」というタイトルで記事にまとめてきました。

11年前に熊本市の商業施設のトイレで発生した女の子に対する事件が改めて注目を集めています。

当時3歳の長女の命を奪われた清水誠一郎さん(51)が佐賀県みやき町立北茂安中で講演し話題となっています。

清水さんは2011年3月、長女の心(ここ)ちゃんを大学生の男に殺害されました。

清水さんは、事件を振り返りながら、一時は残された家族全員で命を絶とうと考えたことや、最愛の娘を守れなかったという自責の念に苦しみ続けている心境を明かしたといいます。

この講演をきっかけにこの事件への関心が高まっているのです。

調べてみると、清水心ちゃんの事件は性的わいせつが動機だったのではないかとみられていることがわかりました。

事件は地元のスーパーでの犯行だったといいますが、どこのスーパーなのか調べてみると、熊本市高平のスーパー「ビックザビックエース清水バイパス店」であることがわかりました。