仙台市立小学校のいじめはどこか特定?ポピュラーな遊びに批判?

2022年3月15日、仙台市立小学校でのいじめ問題が報じられて大きな話題となっています。

読売新聞の報道によると、男子児童がいじめを受けて不登校になったことがわかりました。

それを受けて仙台市教育委員会は、いじめ防止対策推進法の「重大事態」と認定する方針です。

さらに、学校側はこのいじめに関して「ポピュラーな遊び」と表現していたようです。

一体、今回報じられた仙台市立小学校のいじめはどこか特定されているのでしょうか?

そこで、「仙台市立小学校のいじめはどこか特定?ポピュラーな遊びに批判?」と題して記事にまとめていきます。

 

仙台市立小学校のいじめはどこか特定?

今回いじめ問題が報じられた仙台市立小学校のいじめはどこか特定されているのでしょうか。

こちらの方で各報道を確認しましたが、現時点では学校名に関する情報は報じられていませんでした。

ただ、今後この問題が大きくなればテレビのワイドショーや週刊誌などで報じられると思います。

そうなれば学校の外観も出てくると思います。

外観の画像が出れば、仙台市内の人であればある程度は推測がつくのではないでしょうか。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

 

仙台市立小学校のいじめのポピュラーな遊びに批判?

今回、読売新聞の報道ではいじめに関してもさることながら、学校側の説明に対しても大きな批判が集まっています。

それは、いじめ問題に関して子どもの間の「ポピュラーな遊び」と表現しているからです。

今回のいじめ問題では、被害者である小学生1年生の男子児童が、食べきれなかった給食を昼休みに食べていた時に、同級生にトイレへ連れて行かれて、8人の児童から胸や背中などを殴ったり蹴られたりしたことがわかっています。

その後この児童は小児科を受信して「全身打撲」「急性ストレス反応疑い」で全治4週間と診断されて現在は連続50日の欠席日数となっているようです。

被害にあった児童の保護者の話では学校側からは「ポピュラーな遊びだった」「加害者側もたたかれた」などと回答されたと報じられています。

このような残虐ないじめ行為を「ポピュラーな遊びだった」と言える学校側の神経が理解できませんよね。

学校として隠蔽しようとしているのが推測できます。

そのため、学校への批判に拍車がかかっています。

 

まとめ

この記事では、「仙台市立小学校のいじめはどこか特定?ポピュラーな遊びに批判?」と題して記事にまとめてきました。

2022年3月15日、仙台市立小学校でのいじめ問題が報じられて大きく注目されています。

読売新聞の報道では、男子児童がいじめを受けて不登校になったといいます。

仙台市教育委員会は、いじめ防止対策推進法の「重大事態」と認定を決めています。

学校側がこのいじめに関して「ポピュラーな遊び」と表現していることから、批判が高まっています。

今回報じられた仙台市立小学校のいじめはどこか特定されているのかを調べてみましたが残念ながら現時点では特定されていません。

ただ、今後事態が大きくなればテレビや週刊誌が続報を出してリーク情報も出てくる可能性があります。

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。