猿投グリーンロード事故の車種はレガシィ?炎上死亡事故の画像と動画は?

この記事では、「猿投グリーンロード事故の車種はレガシィ?炎上死亡事故の画像と動画は?」題して、車の車種について画像が動画を検証してみます。

愛知県豊田市にある有料道路猿投グリーンロードで2022年3月27日(日)23時過ぎに、自動車が燃える事故があったとして注目されています。

車は焼き焦がれて、中からは3人の遺体が見つかったことがわかっています。

7~8台の消防車が出動するほどの火災事故となったみたいで、猿投グリーンロードが通行止めになるほどの事故でしたね。

火を消した後の車を画像で見たところ、車体が激しくへこんで黒く焦げてしまったことがわかります。

愛知県の人はもちろん、車好きの人にとっても衝撃的な映像でしょう。

死亡事故が起こって炎上した車の車種について、レガシィではないかとネット上では話題になっているのです。

 

猿投グリーンロード事故の車種はレガシィ?

 

今回猿投グリーンロードで起こった大規模な炎上事故では、事故にあった車の種類が話題となっています。

最近は大きな車の事故が起きると、車種を気にする人が多いようです。

こちらで今回の事故の車種を調べてみました。

しかし、現在のところ、公開されている情報で車種に関する情報はありませんでした。

しかし、鎮火が終わった後の車を画像で見てみると、白い乗用車であることがわかります。

また、先頭部分が大きいのが特徴的です。

事故車両の画像を見た視聴者の反応はネット上で「レガシィかな?」「bl5レガシィB4の前期??」「レガシィで間違いない」と、スバルのレガシィだと推測する声が強いです。

そこでレガシィの画像と事故のあった画像を比較してみると、原型がよく分かりませんが前方を見ると似ているような印象を受けました。

このことから、今回事故があった車はレガシィである可能性が高そうです。

レガシィはスバルのフラッグシップモデルで警察車両に使われるほどで、安全性能は高いことでも知られています。

特にスバルユーザーは紳士的な運転をするため「スバリスト」とも言われますが、そんなスバルの車が大破し、事故で炎上してしまったと考えると、かなり大きな事故であったことが実感できますね。

 

猿投グリーンロード炎上死亡事故の画像と動画は?

改めて、今回猿投グリーンロードで起こった炎上死亡事故の画像と動画を見てみたいと思います。

事故があったのは、八草東インターチェンジから約650メートル東に行ったところにある、片側2車線の直線道路だとわかっています。

画像を見てみると勾配がややあるようですが直線道路で見通しの良いことがわかります。

猿投グリーンロードで有料道路で信号もありません。
さらに直線道路で事故当時は夜23時を過ぎていました。

深夜なので交通量が少ないと予想され、スピードが出やすい状況だったのかもしれません。

もしかするとドライバーは運転に慣れていない中、有料道路でついスピードを出し過ぎてしまったのかもしれません。

あるいは亡くなった誰かとカーチェイスを楽しんでいたのでしょうか。

春先の時期は新生活へ車を新しく購入したり、運転に不慣れな学生や、新社会人が運転の練習をする時期と重なるため、注意が必要です。

 

まとめ

 

改めて、今回猿投グリーンロードで起こった炎上死亡事故の画像と動画を見てみたいと思います。

事故があったのは、八草東インターチェンジから約650メートル東に行ったところにある、片側2車線の直線道路だとわかっています。

画像を見てみると勾配がややあるようですが直線道路で見通しの良いことがわかります。

猿投グリーンロードで有料道路で信号もありません。
さらに直線道路で事故当時は夜23時を過ぎていました。

深夜なので交通量が少ないと予想され、スピードが出やすい状況だったのかもしれません。

もしかするとドライバーは運転に慣れていない中、有料道路でついスピードを出し過ぎてしまったのかもしれません。

あるいは亡くなった誰かとカーチェイスを楽しんでいたのでしょうか。

春先の時期は新生活へ車を新しく購入したり、運転に不慣れな学生や、新社会人が運転の練習をする時期と重なるため、注意が必要です。