佐伯市プレミアム商品券誰か特定は?車購入買い占めの女性の名前は?

大分県佐伯市で2022年5月31日、当時発行していたプレミアム商品券についての協議会が開かれました。

このプレミアム商品券は、1冊1万円で1万3000円分の買い物が出来る商品券というものです。

この商品券は原則として、一世帯3万9000円までの3冊を限度としていましたが、ある女性が440万円分を購入し、この商品券で車を買ったいう話題が広まっています。

この問題に関して、佐伯市の田中利明市長は「ルールを逸脱した行為があり、非常に残念」と表していましたが、事件とされていません。

今回はこの商品券を買い占めた女性は一体誰なのか。

「佐伯市プレミアム商品券誰か特定は?車購入買い占めの女性の名前は?」として記事にしてみました。

 

佐伯市プレミアム商品券誰か特定は?

深刻な悩みをネットで相談する女性の写真

佐伯市で商品券を買い占めた上に、車を購入した女性ですが、特定されたのでしょうか。

440万円分の商品券を現金で支払い、車を買ったそうですが、これだけの大金を用意できるには資産家か経営者などでしょう。

佐伯市はこの女性に対して商品券の返還を求めるべきなのに、使用を認めたらしいのです。

普通に考えれば事件になるはずと思われますが、事件になることはないままになっています。

ですので、女性に関して情報は残念ながら掴めません…。

情報もあまり開示されていませんので、女性の特定は難しいでしょう。

資産家や経営者であることも、推測であるだけですがご容赦ください。

 

佐伯市プレミアム商品券で車購入買い占めの女性の名前は?

ポルシェの無料写真

佐伯市は、最初は商品券を買うことについて往復はがきでの申し込みを受け付けていました。

商品券が余った為、事前申し込みを辞めて、直接販売を行ったそうです。

話題の女性は、直接販売の窓口に行き、まず2回3万円分の購入をした後「何冊分の購入が可能なの?」と販売員にたずねました。

窓口の販売員は「何冊でも大丈夫です」と答えたため、女性は440万円分を購入をしました。

販売員も女性から「車を購入したい」と聞いた上での販売を行ったそうです。

この時点でプレミアム商品券のプレミアムとしての料金は133万8000円となります。

1世帯に3冊までと決まっていたルールを、無視した窓口の販売員にも問題がありますよね。

問題の女性に関して調べてみましたが、どのメディアも名前については報じていません。

問題とはなっていますが、刑事事件化はされていないため名前は公開されることはないと思われます。

 

まとめ

リモートワーク中のコミュニケーションに悩む管理職の写真

今回は「佐伯市プレミアム商品券誰か特定は?車購入買い占めの女性の名前は?」として記事にまとめました。

いかがでしたでしょうか?

おさらいとしてまとめます。

大分県の佐伯市で、今回販売されたプレミアム商品券についての協議が5月31日に開催されました。

今回発売されたプレミアム商品券は、1冊につき1万円で1万3000円分の買い物ができるという商品券です。

原則は1世帯につき3冊までとなっていましたがこの商品券をひとりの女性が440万円分を購入したことが話題になっています。

最初は往復はがきでの申し込みを受け付けていたのですが、商品券が多数売れ残り、申し込みなしでの販売となった様子です。

普通なら事件となりそうな今回の問題ですが、実際には市が認めてしまっているため女性の特定が出来ず、ご容赦ください。

市が女性に対しての返還も求めないことから、事件には発展しないと思われます。

今回の情報は、あまり公開されていないため女性の特定が出来ないままですが、女性が特定され次第、記事を更新します。