おおたか静流の死因は何がん?息子音楽家Asuの顔画像や経歴も調査!

  • 2022年9月7日
  • 2022年9月7日
  • 訃報

2022年9月6日教育テレビの番組、「にほんごであそぼ」にも出演されていた、おおたか静流(しずる)さん69歳が病気で亡くなられました。

おおたか静流さんが亡くなられたのは9月5日の午前で、これまでにはジャンルを問わず多分野で歌手として活躍されていました。

そんなおおたか静流さんの亡くなられた要因となる病気ですが、何がんだったのでしょうか。

ネット上では息子である音楽家Asuさんの顔画像や経歴について気になっている方も多いようです。

そこで今回は、「おおたか静流の死因は何がん?息子音楽家Asuの顔画像や経歴も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

おおたか静流の死因は何がん?

まずはじめに、おおたか静流さんの死因は何がん?という疑問について調査をしていきます。

おおたか静流さんは東京都出身で、1990年にカセットテープのCMで喜納昌吉さんの「花」をカバーして一躍話題になりました。

スタジオジブリの作品である、「千と千尋の神隠し」の挿入歌を歌うなどメディアにも多く出演されていました。

そんなおおたか静流さんの死因に関して調査をしていったところ、あることが判明しました。

このツイートは、おおたか静流さんと関わっていた音楽関係者によるものだという事が明らかになっています。

そのため、おおたか静流さん自身はがんだと公表はしていませんでしたが、関係者による投稿のため、信憑性は高いと言えるでしょう。

この見出しのタイトルである、何がん?という所までは確証を得られる情報が出ていないためわかりませんでした。

ですが、最後に出演される予定だったコンサートも健康上の理由でキャンセルしていたことから、ずっと闘病されていたのかもしれませんね。

 

おおたか静流の息子音楽家Asuの顔画像や経歴は?

次に、おおたか静流さんの息子であるAsuさんの顔画像や経歴について、詳しく調査をしていきます。

東京都出身。

音楽家、ピアニスト、ボーカリスト。

ソロ活動のほか、多ジャンルのミュージシャンとのコラボや、即興ライブ、朗読劇、舞台音楽、テレビ、プロデュースなど幅広く自由な活動を続ける。

ワールドミュージックや民族音楽を軸とする生楽器本来の個性を生かしたアコースティックなサウンドにこだわりながらも、常にジャンルフリーでボーダレスな音の世界を求めている。

Asu(アアス)さんも母おおたか静流さんと同じように音楽活動をされており、以前にはコラボもされていました。

その様子はYoutubeにも上がっており、顔に関しても確認することが出来るようになっています。

Asuさんに関しても母のおおたか静流さん同様、作詞・作曲はもちろんのこと、音楽プロデューサーやボーカル、編曲までも1人でされています。

これまでには、他ジャンルの歌手や音楽家などとコラボをしており、クラシカのメンバーとしても活躍しておられることがわかりました。

ちなみにですが、クラシカ(Kurasika )というのは行川さをりさんとAsuさんの二人組でくらしを唄うというのが名前の由来のようです。

唄を歌っているのが行川さをりさんで、作詞作曲を担当しているのがAsuさんという事がFacebookの情報にも書かれていました。

 

まとめ

今回は、「おおたか静流の死因は何がん?息子音楽家Asuの顔画像や経歴も調査!」と題して記事をまとめていきました。

喜納昌吉さんの「花」をカバーされ、「にほんごであそぼ」など多分野で活躍されていたおおたか静流さん。

そんなおおたか静流さんの死因は何がん?という疑問や、息子である音楽家のAsuさんの顔画像や経歴についても調査をしていきました。

結果としては、おおたか静流さんの死因は公表されていませんが音楽関係者による証言により「がん」だという事が判明しました。

そしてAsuさんの顔画像や経歴についても調べていくと、母のおたか静流さん同様、多分野で活躍されているという事がわかりました。

おおたか静流さんがこれまでに残してきた功績は、とても偉大でこれからも後世まで語り継がれていくことでしょう。

病気を公表せず、最後まで闘病を続けていたおおたか静流さんへ心よりご冥福をお祈りいたします。