ワンピースの朝日新聞読売新聞ネタバレは?広告内容を調査!

  • 2022年7月22日
  • 2022年7月22日
  • 漫画

2022年7月22日の朝日新聞、読売新聞朝刊に、漫画「ONE PIECE」(ワンピース)の広告が掲載され、その広告内容が「今後の原作内容に関わる」ということでとても話題になっています。

これに関して、ワンピース公式Twitterアカウントは、広告内容をSNSへ投稿することについてユーザーやファンに対し配慮をお願いしました。

最新回は2022年7月25日発売の『週刊少年ジャンプ』34号での掲載が予告されており、“最終章”として連載が再開されるそうです。

公式アカウントが広告掲載前にこのような「ネタバレ禁止」の注意喚起を行うのは極めて異例なことです。

ワンピースファンにとってはとても気になる内容ですね。

朝日新聞と読売新聞に掲載される広告の内容は、一体どのようなものなのでしょうか。

そこで「ワンピースの朝日新聞読売新聞ネタバレは?広告内容を調査!」と題して、記事をまとめていきます。

※本記事には広告内容の考察、ネタバレが含まれるため、知りたくない方は閲覧にご注意ください。

 

ワンピースの朝日新聞読売新聞ネタバレは?

新聞広告の内容から考察を広げている方も多数いるようです。

シャンクスの「奪りに行こうか」というセリフに注目する方が多く、作中でカイドウとマムが「ワンピースを【獲り】に行くぞ」と言ったのに対し、シャンクスは「【奪り】に行こうか」と言っているため、この違いが気になる方がいるようです。

また、「シャンクスが奪りに行こうとしているものはワンピースなのか、はたまた別のものなのかが気になる」「シャンクスが黒幕説が濃厚になってきた」という意見もありました。

中には、セリフの考察に留まらず、シャンクスの飲んでいるお酒についての考察をしている方もいました。

 

ワンピースの朝日新聞読売新聞広告内容は?

では、読売新聞と朝日新聞に掲載されたワンピース広告内容について調べてみます。

広告にはシャンクスとベン・ベックマンが大きく描かれており、シャンクスの「なぁベック、そろそろ奪りに行こうか」というセリフが掲載されています。

また下のほうには「最終章、解禁。ONEPIECE連載再開。#OP最終章解禁」と書かれており、また「全貌は7月25日(月)の「週刊少年ジャンプ34号」で。」と記載されております。

世間ではこの広告を手に入れるためだけに新聞を買う人も多く、この広告に対してSNS上では「とんでもない内容で朝から踊ってる」「これはスゴい」「たしかにネタバレだ」という声がいくつもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ワンピースの朝日新聞読売新聞ネタバレは?広告内容を調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年7月22日の朝日新聞、読売新聞朝刊に漫画「ONE PIECE」(ワンピース)の広告が掲載され、その広告内容が「今後の原作内容に関わる」としてとても話題になっています。

これに関して、ワンピース公式Twitterアカウントは広告内容をSNSへ投稿することについてユーザーやファンに対し、配慮をお願いしました。

公式アカウントが広告掲載前にこのような「ネタバレ禁止」の注意喚起を行うのは極めて異例なことです。

新聞広告にはシャンクスとベン・ベックマンが会話をしている姿が大きく描かれていました。

この広告で描かれているセリフから、SNS上では様々な考察で溢れています。