名古屋市昭和区小学校救急車を呼ばなかったのはどこ?顔面骨折した学校名は?

今回は、「名古屋市昭和区小学校救急車を呼ばなかったのはどこ?顔面骨折した学校名は?」について調べていきます。

2022年7月5日、名古屋市昭和区の小学校で5年生の男子児童が、顔面骨折しました。

ただ、小学校では救急車を呼ばず、駆けつけた母親が119番通報し、注目されています。

事故状況は、5年生の男子児童が友達をおぶって遊んでいたところ、つまずいて転倒し顔面を強打しました。

ケガをした男子児童は、目がぼやけていて嘔吐もし、顔面は骨折して大怪我をおったようです。

しかし、学校側は救急車を呼びませんでした。

男子児童は、搬送された病院で緊急手術を受け、現在も入院しています。

名古屋市の教育委員会は「学校から詳細を聞き取って状況を確認し、必要に応じて指導してまいります」とコメントをしています。

そこで、名古屋市昭和区の小学校で救急車を呼ばなかったのはどこなのでしょうか。

また、顔面骨折した男子児童が通う学校名について調べていきます。

 

名古屋市昭和区小学校救急車を呼ばなかったのはどこ?

名古屋市昭和区の小学校では、男子児童がケガをしたがにもかかわらず、救急車を呼ばなかったようです。

どこの小学校なのか調べてみました。

調べたところ、報道で小学校の外観を報じられていましたが、どこの小学校までは公表していませんでした。

ただ、昭和区の小学校は11校あることがわかり、報道と似た小学校を見つけることができました。

しかし、推測でしかないため、どこの小学校か詳細は控えさせたいただきます。

今後、新しい情報が分かり次第掲載いたします。

 

名古屋市昭和区小学校で顔面骨折した学校名は?

名古屋市昭和区の小学校で顔面骨折した児童が通っている学校名について調べてみました。

各報道やSNSで調べたところ、学校名について公開されていませんでした。

ただ、Twitterでは事件についてのつぶやきで「絶対通わせたくない」など、学校の対応に対して不安を持った親がいることがわかりました。

友達と遊んでいる以上、ケガをしてしまうことはあると思います。

そこで、救急車を呼ばなかった学校側の対応は非難されてもおかしくはないのではないでしょうか。

今後、名古屋市教育委員会が、学校から詳細を聞き取りするため、新しい情報がわかり次第掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「名古屋市昭和区小学校救急車を呼ばなかったのはどこ?顔面骨折した学校名は?」について調べてみました。

2022年7月5日、名古屋市昭和区の小学校で5年生の男子児童が、顔面骨折しました。

ただ、小学校では救急車を呼ばず、駆けつけた母親が119番通報し、注目されています。

そこで、名古屋市昭和区の小学校で救急車を呼ばなかったのはどこなのか調べてみました。

調べたところ、報道で小学校の外観を報じられていましたが、どこの小学校までは公表していませんでした。

また、顔面骨折した児童が通っている学校名について調べてみました。

各報道やSNSで調べたところ、学校名について公開されていませんでした。

しかし、報道で報じられていた小学校の外観をもとに調べてところ、似た小学校を見つけることができました。

しかし、推測でしかないため、どこの小学校か詳細は控えさせたいただきます。

今後、新しい情報が分かり次第、掲載いたします。