永岡桂子の自宅住所はどこ?家族は夫と娘?

岸田自民党総裁は8月10日に行う内閣改造役員人事で、永岡桂子氏を起用することを公表しました。

今回の人事は初めての入閣となります。

永岡氏は自由民主党麻生派に所属する衆議院議員です。

平成17年の衆議院選挙に立候補し、小選挙区では落選しますが、比例区で復活当選を果たし、初当選をしています。

以降、農林水産大臣政務官、厚生労働大臣、文部科学副大臣、衆議院文部科学委員長などを歴任しました。

この他、母子寡婦福祉対策議員連盟会長、安全な自動車の車体を確保する議員連盟幹事長、農民の健康を創る会幹事長なども務めています。

このような経歴を持つ永岡氏の自宅住所とはどこなのでしょうか。

また、家族は夫と娘がいるのでしょうか。

今回は「永岡桂子の自宅住所はどこ?家族は夫と娘?」と題してまとめていきます。

 

永岡桂子の自宅住所はどこ?

永岡氏の現在の住所を調べましたが、情報を見つけることはできませんでした。

永岡氏は1953年12月8日生まれです。

1976年に学習院大学法学部を卒業し、2年後に衆議院議員の永岡洋治と結婚しました。

永岡洋治氏は2005年8月1日に自宅で自殺を図っており、この時の自宅は東京都世田谷区とされています。

この時の住所にそのまま住んでいるかは不明ですが、永岡氏の出身は東京都渋谷区のため、その近くに住所はあるのではないでしょうか。

しかし、娘や家族のプライバシー保護のため、自宅の情報を公開することはないでしょう。

今回の岸田人事で永岡氏の露出も増えることが予想されますので、今後ますますの情報統制が行われることでしょう。

 

永岡桂子の家族は夫と娘?

永岡氏は1978年1月に永岡洋治衆議院議員と結婚しました。

しかし、夫の洋治氏は2005年8月1日に自宅で首を吊っているのが永岡氏により発見され、娘が消防に通報し、その後病院で死亡が確認されています。

永岡氏のプロフィール欄には、長女次女と3人家族と記載されています。

長女と次女の名前を検索しましたが、見つけることはできませんでした。

永岡氏も夫が亡くなるまでは政治にかかわっていなかったので、娘2人も政界にかかわりのない人物かもしれません。

そうするとプライバシーの観点から実名が出されることはないでしょう。

 

まとめ

今回は「永岡桂子の自宅住所はどこ?家族は夫と娘?」と題して、記事にまとめてきました。

岸田自民党総裁は8月10日に行う内閣改造役員人事で、永岡桂子氏を起用することを公表しました。

永岡氏は自由民主党麻生派に所属する衆議院議員で、平成17年の衆議院選挙に立候補し、初当選を果たしました。

以降、農林水産大臣政務官、厚生労働大臣、文部科学副大臣、衆議院文部科学委員長などを歴任し、今回の人事は初めての入閣となります。

永岡氏の自宅住所がどこなのか、情報を検索しましたが見つけることはできませんでした。

2005年に東京都世田谷区の自宅で、夫の洋治氏が首を吊っているのが発見されていますが、現在も同じ住所に住んでいるかは不明です。

現在永岡氏は娘2人との3人家族であると公式プロフィールに記載されています。