東麻布事故マセラティの犯人は誰?顔画像ナンバー特定は?

2022年6月15日午前6時ごろ、東京都港区東麻布で、乗用車が歩道に突っ込む事故がありました。

事故を起こしたのは高級外車のマセラティという種類の車です。

現場は、街路樹や交通標識がなぎ倒されていましたが、けが人は確認されていません。

このような事故を起こした犯人は誰なのでしょうか。

顔画像や、事故車両のナンバーは特定できるのでしょうか。

今回は「東麻布事故マセラティの犯人は誰?顔画像ナンバー特定は?」と題してまとめていきます。

 

東麻布事故マセラティの犯人は誰?

今回の事故では、交通標識や街路樹がなぎ倒されるほどの衝撃がありましたが、通行人は巻き込まれておらず、けが人がなかったことが幸いです。

警察が現場に駆け付けた時には事故を起こしたマセラティを運転していた人物は、すでに現場を立ち去っていたとのことです。

運転手が男性なのか女性なのかも、今のところ判明していません。

以前はこのような幅広の車には男性が載っているイメージがありましたが、現在は運転性能の向上やデザイン性の変更により、女性にもターゲットが向いています。

なので誰が運転していても違和感はなくなっています。

 

「東麻布事故マセラティの顔画像ナンバー特定は?

事故を起こした犯人はいまだ不明なので、顔画像は特定できていません。

事故を起こしたマセラティは盗難車の可能性があるとされています。

Twitterでは、事故車両の画像が多数投稿されています。

そこにはナンバープレートも掲載されているものもあります。

そこでは事故車両のマセラティは、名古屋の5ナンバーとなっています。

マセラティは基本3ナンバーとなるはずですので、これはナンバープレートを付け替えられたものと考えられます。

つまり、事故車両のほかにもナンバーが外された盗難車があるということではないでしょうか。

警察がナンバーを照会すれば持ち主は判明すると思われます。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

 

まとめ

今回は「東麻布事故マセラティの犯人は誰?顔画像ナンバー特定は?」と題して、記事にまとめてきました。

6月15日午前6時ごろに港区東麻布で、高級外車のマセラティが歩道に突っ込む事故がありました。

この事故で街路樹や交通標識がなぎ倒される被害がありましたが、けが人は確認されていません。

事故を起こした車両は盗難車とみられ、警察が現場に到着した時には運転手はすでに立ち去っていたため、事故を起こした犯人は不明です。

そのため、男性か女性化の性別も、顔画像も特定されていません。

SNSでは事故車両の画像が数多く投稿されており、画像の中には車両ナンバーも映っているものもあります。

しかし、マセラティは3ナンバーが基本ですが、事故車両には5ナンバーが掲示されており、付け替えられたものと分かります。

このナンバーから警察は窃盗の被害にあった人を見つけることができれば、捜査が進展するのではないかと思われます。