丸の内オアゾ転落事故で親はなぜ不在?身元や名前も徹底調査!

東京都の商業施設で、12才の男児が転落したという事故が発生しました。

事故が起きたのは2022年6月18日で、現場は東京都千代田区丸の内にある「丸の内オアゾ」で起きました。

転落した12才の男児は意識不明の重体となり、病院へ搬送されましたが19日に病院で死亡が確認されました。

防犯カメラには、転落する3分前に男児が一人で施設に入る姿が映っていました。

なぜ親がいなかったのか、疑問の声があがっています。

警察は自殺したと調べを進めていますが、死亡した男児の身元は判明しているのでしょうか。

そこで今回の記事は「丸の内オアゾ転落事故で親はなぜ不在?身元や名前も徹底調査!」と題してまとめていきます。

 

丸の内オアゾ転落事故で親はなぜ不在?

なぜ親が不在だったのか調査してみたら、転落前に男児は親と電話していたようで、夜だったことから自宅に帰るなどといった報告をしていたのかもしれません。

12才で夜に一人で出歩いてるとなると、塾や習い事の帰りではないかと考えられます。

ですが、わざわざ都外から都内の塾へ通うのか疑問です。

もしかすると親と喧嘩をして家を出て、電話でも親と喧嘩をしており、感情的になって自殺を図ったということもありえます。

この理由であれば、親も男児が都内へ来ていると考えられないでしょう。

あくまでもこの理由は、推測ですので鵜呑みにしないよう注意してください。

新たな情報が出ましたら、追って掲載していきます。

 

丸の内オアゾ転落事故の身元や名前は?

次は、転落した男児の身元について調べました。

調べた結果、都外から訪れた12才の男児ということしか判明していません。

現場にいた目撃者の証言によれば「中学生に見える大柄な子」で、小学6年生の平均よりも上に見える容姿だったのでしょうか。

そして自殺の場所を、都内の商業施設という多くの人が行きかう場所を選んだことから、少し大人びた子だったのかもしれません。

また、転落直後に救急隊員が「〇〇君のご両親はいませんか」と周りに呼びかけていたようです。

そのことから、転落前に男児はリュックや所持品を置いており、身元が特定できるような物を持っていた可能性が高いです。

警察はすでに男児の身元を把握していると思われます。

ニュースなどで、男児の身元が今後公開されるかもしれません。

新情報が入り次第、追って掲載していきます。

 

丸の内オアゾの転落事故の小学校は?

今回の事故で亡くなったのは、小学6年生だと判明していますが、通っていた小学校はどこなのでしょうか。

調べてみましたが現在分かっている情報は、「東京都外」に通っているということだけです。

小学校の特定はできませんでしたが、東京駅に来れる距離と考えると一都3県、もしくは山梨県にある小学校ではないかと推測できます。

しかし明らかになっていませんので、情報が入り次第掲載していきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「丸の内オアゾ転落事故で親はなぜ不在?身元や名前も徹底調査!」についてまとめてきました。

2022年6月18日、東京都にある商業施設「丸の内オアゾ」で12才の男児が転落し死亡したという事故がありました。

転落前に電話していたようで、その相手は親ではないかと考えられます。

時間帯は夜だったため、塾や習い事の帰りだと推測できますが、わざわざ都外から都内へ通うのは不自然であり、親と喧嘩をして家を飛び出してきたのかもしれません。

電話内でも親と喧嘩をして、突発的に自殺を図った可能性があります。

男児の身元について調査した結果、12才の都外から来たとしかわかっておりません。

現場にいた目撃者は「中学生に見える大柄な子」と証言しており、小学6年生の平均身長、平均体重よりも大きい体格だったと考えられます。

また、人がたくさん集まる場所で自殺をしたということで、少し大人びた男児だったのかもしれません。

転落後に救急隊員が「〇〇君のご両親はいませんか」と呼び掛けていたことから、その時には身元が分かっていたのでしょう。

男児が転落前に置いていたリュックサックの中に、身元を特定できるような物が入っていたと思われます。

今後、ニュースなどで男児の身元が公開されるかもしれません。