前橋市フォークリフト死亡事故の会社はどこ?父親の名前も検証!

2022年8月28、群馬県の前橋市で、父親と一緒にフォークリフトを使って遊んでいた小学3年生の女の子が亡くなるという事件が発生して注目されています。

報道によると、ブランコとして遊んでいたフォークリフトに差し込んでいたパレットが落ちて女の子がなくなったといいます。

死亡したのは前橋市内に住む、小学3年生の作山由奈さんである事もわかりました。

そんな前橋市フォークリフト死亡事故はどこの会社で発生したのでしょうか。

また、一緒に遊んでいた父親の名前について気になっていると思います。

そこでこの記事では、作山由奈さんの亡くなった「前橋市フォークリフト死亡事故の会社はどこ?父親の名前も検証!」というタイトルで作成していきます。

 

前橋市フォークリフト死亡事故の父親の会社はどこ?

まず、今回報じられた前橋市で発生したフォークリフト死亡事故の父親が勤めている会社はどこなのでしょうか。

報道によると、今回発生したフォークリフト事故が起きたのは、自宅兼会社であることがわかっています。

その後調べてみると、事故があったこの会社は、前橋市堀越町で内装設備の事業を展開しているということもわかりました。

こちらの方で実際に、報道で判明した住所や「作山」という条件で検索をしてみると、同姓の人物が社長を務めるある会社があることがわかりました。

出てきた会社は住宅の改装や建物工事を事業にしているようなので、「内装設備」という報道にも合致しそうです。

また、会社HPを調べてみたところ、社長の名前や顔写真も掲載されているようです。

しかし、ここまで出ている報道では、亡くなった由奈さんの父親の素性は明らかにされていません。

このことから、この記事の中では事故があったとみられる会社について詳しい情報は控えさせていただきます。

 

前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前は?

それでは続いて、前橋市で発生したフォークリフト死亡事故に関して、父親の名前についても見てみようと思います。

報道によると、42歳の父親は会社の社長で、娘の由奈さんとフォークリフトで遊んでいたとされています。

パレットをフォークリフトを使って3mの高さまで上げて、そのパレットにベルトを通して、娘にブランコ遊びをさせていたといいます。

事故で亡くなった女の子の名前は作山由奈さんだとわかっています。

このことから、父親も「作山」という苗字だとわかります。

しかし、亡くなった由奈さんの名前は報じられていますが、父親の名前に関してはまだ報道されていません。

父親は会社社長ということもあり、被害などを考えて公表しない可能性も考えられます。

ただ、前橋市内で近場の人であれば推察がつくかもしれませんね。

 

まとめ

この記事では、「前橋市フォークリフト死亡事故の会社はどこ?父親の名前も検証!」というタイトルで記事を作成してきました。

父親がフォークリフトを使ってブランコ遊びをさせていた際に、亡くなってしまった作山由奈さん。

頭上めがけてパレットが落下したといいます。

この記事ではそんな前橋市で起こってしまった、フォークリフト死亡事故が発生した会社がどこなのかに調査をしていきましたが、自宅兼会社であり、報道では社名も伏せられています。

なくなった女の子の苗字は作山ということがわかっており、作山という名前と内装設備業者という点が合致する会社は出てきましたが、確証がないため掲載は控えさせていただきました。

また、父親の名前を調べましたが、作山という苗字だという事はわかりましたが、名前に関しては公表されておらず、わかりませんでした。

フォークリフトという重機は事業用のため、本来遊びに使う物では無く、間違った使い方をするとこのような大惨事が起きてしまうという教訓だと思います。

まだ小学3年生の作山由奈さんは、大事な娘だったため、父親としては悔やんでも悔やみきれないでしょう。

不慮の事故ですが、この様な事態になってしまったのは父親の責任のため、何かしらの罪に問われるかもしれません。

また新しい情報が入り次第改めて掲載します。