神戸市水道局パワハラの名前は?ハラスメントで懲戒処分!

神戸市水道局の職員がパワハラなどで懲戒処分となったと報じられて話題となっています。

神戸市水道局に勤務する男性職員3人とその上司らが停職の懲戒処分を受けたのです。

男性職員3人は2021年4月以降、難病で身体障害がある50代の男性職員の話し方をまねたり、「はげ」や「ポンコツ」といった暴言を吐いたとしています。

また、居酒屋で鍋に入ったくずきりを首筋に落とした結果、やけどを負わせていました。

さらに、女性に対してセクシャルハラスメントの言動もあったというのです。

とんでもない職員ですよね。

一体、神戸市水道局でパワハラをした職員の名前は何というのでしょうか。

そこでこの記事では、「神戸市水道局パワハラの名前は?ハラスメントで懲戒処分!」と題して記事にまとめていきます。

 

神戸市水道局パワハラの名前は?

今回、神戸市水道局でパワハラをしていたと報じられた犯人の名前は何というのでしょうか。

各報道を確認しましたが、パワハラをした職員の名前については明らかになっていませんでした。

現時点では神戸市が懲戒処分をしたという事実だけが報じられています。

一般的に刑事事件化していれば容疑者として名前が公開されますが、懲戒処分の場合は名前が公開されることはないといっていいと思います。

しかし、パワハラ行為をしていたのは神戸市水道局に勤務する男性職員3人であることがわかっています。

日頃から神戸市水道局に出入りしたり、連絡をとる企業などは担当者の名前を知っていると思います。

最近みかけない職員などがいれば、パワハラ行為で処分された職員かもしれません。

今後SNSや2ちゃんねるなどの匿名掲示板でリーク情報が出るかもしれないので、新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

神戸市水道局でハラスメントで懲戒処分!

神戸市水道局の3人が行ったハラスメント行為とはどのようなものなのでしょうか。

まとめると、以下のような内容になります。

・身体障害がある男性職員(50代)の口調をまねた

・上記職員に対して、「はげ」や「ポンコツ」などと暴言を吐いた

・上記職員に対して、居酒屋で鍋に入ったくずきりを首筋に落とし、やけどを負わせた

・水道局でのマナー研修中に性的な話をしていて、女性講師がセクハラにあたると指摘した

 

一般市民の税金で生活をしている神戸市水道局の職員としては本当にありえない話ですよね。

特に、身体障害がある男性職員へのパワハラ行為は目に余る行為であり、懲戒処分の域を超えて刑事事件化するレベルでしょう。

もしかしたら余罪もあるかもしれないので、全容解明をしてもらいたいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、「神戸市水道局パワハラの名前は?ハラスメントで懲戒処分!」と題して記事にまとめてきました。

神戸市水道局の職員がパワハラなどで懲戒処分となったと報じられて注目されています。

神戸市水道局に勤務する男性職員3人とその上司らが停職の懲戒処分を受けたのです。

男性職員3人は2021年4月以降、難病で身体障害がある50代の男性職員の話し方をまねたり、「はげ」や「ポンコツ」といった暴言を吐いたとしています。

また、居酒屋で鍋に入ったくずきりを首筋に落とした結果、やけどを負わせていました。

さらに、女性に対してセクシャルハラスメントの言動もありました。

公務員としてあるまじき態度で、とんでもない職員ですよね。

神戸市水道局でパワハラをした職員の名前は何というのかを調べてみましたが、現時点では明らかになっていませんでした。

また、ハラスメント行為の全容をまとめてみました。

しかし、余罪がある可能性が高いです。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。