加藤智大の弟の死因は餓死でかわいそう?名前や顔画像は?

2008年6月に秋葉原で起こった無差別殺傷事件で死刑判決を受けた加藤智大死刑囚の刑が2022年7月26日に執行されました。

加藤死刑囚は社会に不満を募らせ、自分の居場所を見いだせずこのような犯行に及んだとされています。

加藤死刑囚は2人兄弟の長男で、事件後に弟は死亡しています。

加藤死刑囚の弟の死因は餓死であるといわれていますが、どうなのでしょうか。

弟の名前や顔画像も捜索します。

今回は「加藤智大の弟の死因は餓死でかわいそう?名前や顔画像は?」と題してまとめていきます。

 

加藤智大の弟の死因は餓死でかわいそう?

加藤容疑者の弟は事件後、会社にマスコミが押し掛けてくることを懸念し、自ら会社を退職したそうです。

その後引っ越しをしましたが、マスコミが居場所をかぎつけてくるため、居住を転々と変えながらアルバイト生活をしていたようです。

そんな日常の中でも弟には彼女ができます。

その彼女のためと、弟は正社員となりますが、両親は彼女との結婚を反対します。

彼女とは同棲していましたが、そこにもマスコミは押し掛け、耐えきれなくなった彼女は弟と別れてしまします。

そのことが引き金となったのか弟は自殺しました。

弟は2014年2月に餓死をしようと断食断水を行ったそうですが、決行後10日して水分を取ってしまい、断念したそうです。

餓死を選んだ理由は、一番苦しそうだから、という理由だとしています。

弟には、加害者は苦しまなければならいという強迫観念があったようです。

それらの経緯を弟は、事件の取材の際に知り合った週刊現代の記者に手記として送りました。

そしてその1週間後に首吊りにより、自らこの世を去りました。

 

加藤智大の弟の名前や顔画像!

加藤死刑囚の弟から手記を受け取った週刊現代の記者は手記を公表しています。

その際に弟の名前は加藤優次という仮名を当てていました。

そのため弟の実名は不明です。

事件当時は弟の名前もネット上でさらされ、職場などにも迷惑がかかると自ら退職したそうです。

現在はその情報も埋もれており見つけることはできません。

顔画像も捜索しましたが、見つけることはできませんでした。

弟はあくまで加害者ではなく、その家族ですので、顔画像などは公開されないでしょう。

 

まとめ

今回は「加藤智大の弟の死因は餓死でかわいそう?名前や顔画像は?」と題して記事にまとめてきました。

2008年6月に秋葉原で起こった無差別殺傷事件で死刑判決を受けた加藤智大死刑囚の刑が2022年7月26日に執行されました。

加藤死刑囚は社会に不満を募らせ、自分の居場所を見いだせずこのような犯行に及んだとされています。

加藤死刑囚は2人兄弟の長男で、弟は自紙に入り命を絶っています。

弟に死因は首を吊ったことによる自殺です。

その前には餓死をしようと断食を決行しようとしたそうですが、10日目に水を飲んでしまい、あきらめたそうです。

弟の名前や顔画像は公表されていません。

週刊文春の記者が弟の手記を公表する際に、加藤優次という仮名を当てていますが、こちらは実名ではありませんので、現在は弟の名前は不明となっています。