片井裕貴の自宅住所はどこ?実家は金持ちなのかも調査!

泥酔させた女子大学生(20)に性的暴行を加えた疑いで、2022年9月8日に片井裕貴容疑者(21)が逮捕されましたが、ある進展がありました。

片井容疑者は同志社大学のアメリカンフットボール部に所属をしていましたが、逮捕を受けて部は無期限の活動停止、並びに今期のリーグ戦辞退を発表しました。

関関同立のうちの一校である同志社大学で活躍するという、エリートコースを歩んできた片井裕貴容疑者の実家は金持ち?という噂が流れているようです。

実家はお金持ちの資産家なのか、家族や親がどこに勤めているのか等の職業に関する情報はどのようなものでしょうか?

片井容疑者の自宅の住所がどこであるのか、住所が変わったことがあるのか等自宅の様子もあわせて気になるところです。

そこで今回は、「片井裕貴の自宅住所はどこ?実家は金持ちなのかも調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

片井裕貴の自宅住所はどこ?

片井裕貴容疑者の自宅住所はどこであるのか、気になりますね。

調べてみたところ、片井裕貴容疑者の自宅住所は「京都市上京区昆沙門町」であることが分かりました。

しかし、これ以上の情報は公表されていませんでしたので今のところは不明です。

住所が変わったことがあるのかという、引っ越しの情報についても今のところは明らかになっていません。

京都市内ということもあり、比較的街中の方に住んでいたようです。

また、毘沙門町は同志社大学の近くに位置していることから、片井容疑者は大学の近くに住んでいたことも分かります。

今後SNSや掲示板等で新たな情報が出る可能性がありますので、明らかになり次第掲載します。

 

片井裕貴の実家は金持ち?

片井裕貴容疑者の実家は金持ち?という噂についても詳しく調査をしていきます。

この「金持ち」という言葉は、ネット上に流れたとある記事の中にある言葉であると思われます。

その理由としては、文春オンラインという週刊文春のインターネット記事内で「別荘」という言葉や、容疑者の祖父へのインタビューから「私の商売」、という言葉が出たことからだと推測できます。

一般的に見ても、同志社大学に通わせてもらえて別荘もあるような実家は、当然金持ちであろうと連想することでしょう。

証拠としては出ていませんが、このような要素から金持ちという噂が流れることになったと思います。

一方で片井容疑者は家族や周りに頼らず、彼の実力のみで一流の商社に就職することも決まっていたようです。

しかし、この一件で片井裕貴容疑者は今までの功績を全て無駄にしてしまったため、1から立て直しをしていかなければならないのかもしれません。

 

家族についての詳しい情報が明らかに

実は、先程の文春オンラインの記事には家族についての情報が掲載されていました。

片井容疑者には自営業の祖父がおり、別荘を持つことができる位の商売をしているということは前の見出しで明らかになっています。

そしてインタビューの際には「両親」という言葉も出ていましたので、この三人は確定でしょう。

なお祖父の職業が明らかになっている一方で、両親の職業については記事で全く触れられておらず、インターネット上には情報がありませんでした。

兄弟に関しての情報もネット上や記事にも出ていなかったため、わかりませんでした。

片井裕貴容疑者への取調べは随時行われていますが、家族は事件との直接的な関係性がありません。

そのため、これ以上の情報を掴むことは困難であることが推測できます。

 

まとめ

今回は、「片井裕貴の自宅住所はどこ?実家は金持ちなのかも調査!」と題して記事をまとめていきました。

同志社大学に入学し、アメフト部の主力としてエリートコースを歩んできた片井裕貴容疑者。

そんな片井裕貴容疑者の実家が金持ち?という噂が流れていたため、詳しく調査をしていきました。

結果としては、祖父が別荘を持つことができる位の規模の自営業をしているという事がわかりました。

その一方で、両親の職業については情報がありませんでした。

あまり表に出したくない職業である可能性もあるため、情報漏洩しないようにしていると推測できます。

片井裕貴容疑者の家族に関しても、記事に記載があり確認できたのは祖父と両親の3人でした。

また、彼の自宅住所についてもあわせて調査したところ、同志社大学の近くに位置する京都市上京区昆沙門町に住んでいることが明らかになりました。

大学の近くに住むことは、並大抵のことではできませんので、これらを踏まえると実家が金持ちという噂は本当だったようですね。