石氷匠のFacebookと顔画像と特定?柚葉企画がゆっくりを商標登録!

はじめに皆さんは「ゆっくり○○」という言葉をご存じでしょうか?

「ゆっくり○○」とは、ZUN氏原作の「東方Project」から生じた、ファンによって二次創作された作品のことです。

主にYouTubeなどで幅広く使われています。

そんな中2022年5月15日、「ゆっくり○○」の言葉が商標登録されるという事態が発生し、SNSで話題を呼んでいます。

商標登録をしたのは原作者のZUN氏ではなく、柚葉企画の石氷匠(いしごおりたくみ)という方のようです。

そして商標登録をされた以上、権利者以外は無断で使用することはできなくなるため大きな注目を集めています。

そこで、柚葉企画の石氷匠の顔など気になる方が多いと思います。

今回は「石氷匠のFacebookと顔画像と特定?柚葉企画がゆっくりを商標登録!」という題目でまとめていきます。

 

石氷匠のFacebookと顔画像と特定?

石氷匠の顔画像を調査してみた結果、残念ながら詳しい情報や写真などは何も見つかりませんでした。

さらにFacebookを調べてみましたが、石氷匠らしき人物は一件もありませんでした。

しかしTwitterには同姓同名のアカウントがあり、「20歳です。彼女募集中」と書かれていました。

これだけでは本人と特定するのは難しいので、断定はできません。

同姓同名のアカウント(鍵垢)
(h)ttps://twitter.com/Takuuuuumi110

 

TwitterにはYouTubeのリンク

Twitterには柚葉のYouTubeチャンネルのリンクが張られているため、本人のものだと推測されます。

しかしそのアカウントは2022年5月に形成されたものなので、何者かのなりすましの可能性も十分にあります。

また、柚葉企画は「ゆっくり○○」動画とサムネイルの製作を引き受けていることも知っています。

今後、石氷匠の新情報が出次第、追って掲載していきます。

柚葉企画のHP
https://yuzuha-official.crayonsite.info

 

石氷匠の柚葉企画がゆっくりを商標登録!

商標登録されたものは、利用するには所有している会社や人物から許可を取る必要があります。

さらに無料での使用はできず、年間で使用する場合は10万円の費用がかかります。

今回、「ゆっくり○○」の言葉を商標登録したのは、YouTuberの「柚葉(ユズハ)」という方です。

そこで、特許庁が公開する情報を確認してみたところ、出願者の名前は「石氷匠」という人物だとわかりました。

 

石氷匠の自宅住所は熊本市

熊本県熊本市に石氷匠の自宅があると判明しています。

しかし、特許を取得した柚葉企画とどのような関係なのかは不明です。

石氷匠と柚葉企画の名前で調査してみても、関係性のわかる情報は一切でてきません。

石氷匠とは何者なのか、謎は深まるばかりですね。

 

商標登録の無効を求める署名サイトも

YouTubeやニコニコ動画では「ゆっくり○○」は大変人気で、この言葉が商標登録されることによって、第三者が今までのように気軽に使用できなくなります。

さらに「ゆっくり○○」は自然に発生したもので、ガイドラインに従っていれば、誰でも自由に使用できていました。

そのため「ゆっくり○○」の衰退を危惧する声が多く、ニコニコ代表者も今後の対応に追われているようです。

この様子を見た有志が「ゆっくり○○」が商標登録されることに対し、異議の申し立てを求めるための署名サイトを作りました。

 

ゆっくり○○の名称は一般的である必要あり

署名サイトでは、あることを証明すれば「商標登録の無効審判」により、商標登録を無効にできると記載されています。

その証明とは、「ゆっくり○○」という言葉を「一般的な名称」であると証明することです。

商標登録は「一般的な名称」を登録できないからです。

結果的にたくさんの署名が集まり、「ゆっくり○○は一般的名称」となれば商標登録は無効になります。

この署名活動に参加したい場合は下記のサイトからできます。

「ゆっくり〇〇」の無効審判を求める署名
https://bit.ly/3wcRRPc

 

問題解決のためZUN氏も動き出す

東方Projectの原作者であるZUN氏も、今回の商標登録の問題解決に動き出しているようです。

また東方Projectの掲げるガイドラインに、今回の商標登録の件が触れている可能性があるため、ZUN氏が動くことによって急展開することも大いにあります。

禁止事項の2項目には「他者の権利を侵害する、または侵害するおそれのある内容」と記載されており、商標登録されたこで「ゆっくり○○」の二次創作を自由に行えなくなりました。

このことは禁止事項の「他者の権利の侵害」に触れる可能性があり、この箇所を法的根拠とすれば商標登録の無効を求めることができると思います。

 

まとめ

さて今回は「石氷匠のFacebookと顔画像と特定?柚葉企画がゆっくりを商標登録!」のタイトルでまとめてきました。

簡単にまとめると、2022年5月15日「ゆっくり○○」という表現を柚葉企画の石氷匠が商標登録し、話題となりました。

ZUN氏が原作者の「東方Project」から派生した「ゆっくり○○」は、二次創作された動画などのことです。

しかし商標登録されることで、権利者以外が無断で使用することはできなくなります。

商標登録をした柚葉企画の石氷匠の顔写真やFacebookなどを調べた結果、有力な情報は何もありませんでした。

また、商標登録の無効を求めるための署名サイトも開設されています。