羽鳥慎一は体調不良か病気?手の手術の原因理由を調査!

テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」をフリーアナウンサー羽鳥慎一さんは7月28日欠席しました。

事前に決定していた手の手術のためとテレビ朝日は公表しており、29日の放送も欠席するとしています。

以前からこの時期の入院は決まっていて、PCR検査を受けたうえで入院したと、代役を務めたアナウンサーは説明し、月曜(8月1日)には戻ってくるとも伝えています。

アナウンサーが手の手術のために2日も欠席するのは体調不良や病気もあるのでしょうか。

近頃は日帰り入院も増えている中、2日もかかる手術の原因や理由は何なのでしょうか。

今回は「羽鳥慎一は体調不良か病気?手の手術の原因理由を調査!」と題してまとめていきます。

 

羽鳥慎一は体調不良か病気?

羽鳥アナは手の手術のために入院したと公表されています。

手術が必要な手の病気としてリウマチがあります。

これの場合関節が変形するという、見た目に変化が伴う病気なので、フリップを持つなど人目に付く羽鳥アナのような仕事の人には気になる症状でしょう。

他にも関節の変形にはへバーデン結節という節が動きにくくなる症状が伴う病気もあります。

羽鳥アナの手術の内容は公表されていません。

手術をするために麻酔を使うのなら、体調の変化にも注意が必要となります。

いずれにしても手術をした後はリハビリがありますので、復帰後の羽鳥アナの状態次第では定期的に通院をすることでしょう。

その際には詳細が公表されると思われます。

 

羽鳥慎一の手の手術の原因理由は?

羽鳥アナは手の手術のためということで番組を欠席しています。

29日の朝には代役を務めるアナウンサーに、無事に手術は終了した旨の報告があったそうです。

前章でも記述しましたが、手術を必要とする手の病気は代表的なものだけでも30種以上あります。

スポーツのために過酷なトレーニングで起こるものや生まれつき、小児に起こるものを除いても複数の種類があります。

大きな変形が伴うものなら、視聴者が違和感を感じるでしょうし、骨折などの場合は事前に決めておく事柄ではないでしょう。

なので羽鳥アナの手術の原因は、手指の腱の炎症による病気か、神経にかかわるものの可能性があります。

羽鳥アナは手術の理由や原因を現在は公表していません。

番組復帰の時には公表されることを願います。

 

まとめ

今回は「羽鳥慎一は体調不良か病気?手の手術の原因理由を調査!」と題して記事にまとめてきました。

テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」をフリーアナウンサー羽鳥慎一さんは7月28日欠席し、29日の放送も欠席するとしています。

以前からこの時期の入院は決まっていて、PCR検査を受けたうえで入院したと、代役を務めたアナウンサーは説明しています。

羽鳥アナは手の手術のために入院したとされていますが、現在のところ理由は公表されていません。

事前に入院が決まっていたことなら、体調不良での欠席ということはないでしょう。

手術が必要となる手の病気は複数種類があります。

原因として考えられるのは、手の変形を伴うものの初期段階、手指の腱や神経の異常を伴うものなどがあります。

数日で羽鳥アナは復帰するとされていますので、その際に詳しく公表されるのでしょう。