飯能市原市場無職の女48歳の実名は?事故現場はどこ?

2018年10月に無車検で無保険の車を飲酒運転で法定速度の3倍以上の速度で運転し、女性をはねて死亡させる事故がありました。

この事故で危険運転致死などの罪に問われていた、飯能市原市場の48歳無職の女性の、裁判員裁判が2022年7月5日に開かれました。

無職の女性は2018年10月2日午前5時から30分ほどの間、自宅で焼酎のお湯割りを少なくとも400~500ml飲み、コンビニエンスストアを訪れています。

その帰り道に事故を起こしたとしています。

事故を起こした時の速度は時速約136キロだったそうです。

このような事故を起こした無職の女性の実名は公開されているのでしょうか。

また、事故が起こった現場はどこなのでしょうか。

今回は「飯能市原市場無職の女48歳の実名は?事故現場はどこ?」と題してまとめていきます。

 

飯能市原市場無職の女48歳の実名は?

現在のところ報道では事故を起こした無職の女の名前は発見できていません。

容疑者の女性は48歳とのことなので、年齢的には結婚していてもおかしくはありませんが、家族がいるなら午前5時に飲酒していたら咎めるくらいはするでしょう。

もしかしたら容疑者は結婚しておらず、両親と住んでいるので、その両親に考慮をして名前を公表していないのかもしれません。

48歳の人の親ならそれなりの年齢でしょうからね。

容疑者となった女性の名前が記載されている記事があるという声もありますが、現在のところその記事を確認できていないため、ここでの明記は避けておきます。

 

飯能市原市場無職の女48歳の事故現場は?

事故があった場所は飯能市上赤工だそうです。

コンビニエンスストアから自宅への帰りに左カーブに対応できず、右側の路側帯を歩いていた被害女性をはねたとされています。

地図上では右側にコンビニエンスストアがあり、容疑者が住む原市場は、地図の周辺左寄りになります。

事故はこのカーブで起こったのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は「飯能市原市場無職の女48歳の実名は?事故現場はどこ?」と題して記事にまとめてきました。

2018年10月に無車検で無保険の車を飲酒運転で法定速度の3倍以上の速度で運転し、女性をはねて死亡させる事故がありました。

この事故で危険運転致死などの罪に問われていた、48歳無職の女性の、裁判員裁判が2022年7月5日に開かれました。

容疑者の無職の女性の実名を検索しましたが、見つけることはできませんでした。

容疑者の名前が記載されているという情報もありますが、その記事を確認できていないため、ここでの実名記載は避けておきます。

事故現場がどこなのかも調べてみました。

事故があったのは飯能市上赤工だそうです。

コンビニエンスストアから容疑者の住む飯能市原市場の方向へは道路が左にカーブしています。

現場はそのカーブではないかと推測できます。

現在は裁判が開かれていますので、新しい情報の公開は少ないでしょう。

判決が決定したら正式に名前などの公表があるかもしれません。

新しい情報が分かりましたら記載いたします。