花田憲彦阿武町長の学歴は?経歴や剣道の腕前も調査!

山口県阿武町が誤って男性に給付金4630万円を振り込んで男性が返還を拒んだ問題で、男性が謝罪と返金の意思を示したとの報道がありました。

阿武町の町長・花田憲彦さんは「しっかり真実を語られること」とコメントをしました。

花田町長は返金のための裁判を開く予定としています。

阿武町の町長を務める花田憲彦さんはどのような学歴などの経歴を持っているのでしょうか。

剣道が特技であるとのことですが、どれほどの腕前なのでしょうか。

今回は「花田憲彦阿武町長の学歴は?経歴や剣道の腕前も調査!」と題してまとめていきます。

 

花田憲彦阿武町長の学歴は?

花田町長は山口県阿武郡阿武町の出身です。

出身中学校は公表されていませんが、阿武町出身とのことなので、阿武町立阿武中学校か、阿武町立福賀中学校の出身であると思われます。

高校は山口県立萩高校の出身です。

高校卒業後は広島大学に進学してますが、中退したそうです。

 

花田憲彦阿武町長の経歴は?

花田町長は1955年生まれで山口県阿武郡阿武町の出身です。

広島大学中退後は、広島市の税務署に勤務しました。

1976年に阿武町役場に奉職し、経済課長、企画課長、総務課長など次々に官職に任命されていきました。

2017年には阿武町長選挙に立候補し、無投票で当選し、町長に就任しています。

2021年には無投票で再選を果たし、現在の給付金誤振り込み問題で注目を集めています。

 

花田憲彦阿武町長の剣道の腕前は?

花田町長の特技は剣道としていて、その腕は五段という階級だそうです。

剣道五段とは前の段位、つまり四段を取得してから3年が経過してから昇段試験を受けることができます。

その前にもその段位取得から特定の年数がたってからしか昇段試験には臨むことができません。

剣道五段というのは50歳で受審することもできますが、花田町長は剣道を特技としていますので、この限りではないでしょう。

そして剣道五段とは、指導者もできますし大会の審査員や下級の昇段審査を行うこともできます。

段位の受有年数もありますし、花田町長の剣道の腕前はかなりのものと思われます。

 

まとめ

今回は「花田憲彦阿武町長の学歴は?経歴や剣道の腕前も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

山口県阿武町が誤って463人分の給付金を一人の男性に振り込んでしまった問題で、阿武町長の花田憲彦さんに注目が集まりました。

花田町長の学歴は山口県立萩高校の出身で、広島大学に進学していますが、大学は中退されてます。

その後、広島市の税務署に勤務しています。

21歳の年に阿武町役場に奉職し、経済課長、企画課長、総務課長を歴任されました。

2017年には阿武町長選挙に立候補して当選し、2021年の再任を経て現在に至ります。

特技とされている剣道は五段を有しており、指導や大会の審査員、下級の昇段審査を行うことができる腕前です。

花田町長は給付金について、裁判で真実が語られることを希望しています。

今後の花田町長の動向に注目です。