銀座エレベーター事故の建設会社はどこ?ゼネコン特定は?

今回は、「銀座エレベーター事故の建設会社はどこ?ゼネコン特定は?」と題して記事をまとめてみました。

2022年3月31日、東京都中央区銀座でビル建設中の現場で工事用エレベーターが落下しました。

そして、乗っていた作業員男性が1名死亡した事故が注目されています。

工事用エレベーターは、10階から1階に突然落下したようです。

そこで、中央区銀座で起きたエレベーター事故について、現場を請け負っていた建設会社はどこか特定されているのか調べてみました。

また、ゼネコン会社なのか気になり調査していきます。

 

銀座エレベーター事故の建設会社はどこ?

銀座ビル工事現場の元請建設会社はどこなのか調べてみました。

各SNSや情報サイトを調査したところ、建設会社についての書き込みがありましたが、情報の真偽がはっきりしていません。

そのため、内容について掲載するのを控えさせていただきます。

ただ、工事現場には工事看板を設置する義務があるため、建設に関わっている業者を知ることができます。

それに、会社が大手建設会社であれば、隠蔽することはできないため、会社名が公開される可能性は高いと思われます。

今後も引き続き調査して、新しい情報が入り次第更新していきます。

 

銀座エレベーター事故のゼネコン特定は?

各SNSや情報サイトに、建設会社名が投稿されていますが、真意がはっきりしていません。

また、警察が今回の事故について調査中で、建設会社に過失があったのかも未だ不明となっています。

ただ、大手ゼネコン会社ならば、安全管理は徹底していると思われます。

従って、工事用エレベーターの使用ルールが明確になっていて、点検はしっかりされていた可能性は高いと思われます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「銀座エレベーター事故の建設会社はどこ?ゼネコン特定は?」について調べてみました。

今回銀座で起こったエレベーター事故について調べてみましたが、結果として建設会社がどこなのか特定することはできませんでした。

各SNSや情報サイトでは建設会社名が投稿されていますが、真偽がはっきりしていません。

工事を担ったゼネコンについても同様です。

ただ、工事現場には工事看板を設置する義務があるため、建設に関わっている業者を知ることができ、会社名が公開される可能性は高いと思われます。

今後も引き続き調査して、新しい情報が入り次第更新していきます。