福岡パルコ炎上無料案内のデザイナーは誰?noe risaが出展取りやめ?

福岡パルコが6月11日から開催中のイベント「パルコ感覚」の一部企画の無料案内で、来場者を不快にさせたとして2022年6月14日、公式ツイッターに謝罪文が掲載されました。

福岡パルコに設置された案内所「パル感無料案内所」がまるで風俗無料案内所のような感じだと、批判の声が多数あり炎上しました。

こちらの企画は14日の閉店後に撤去することになりました。

一体なぜ、このようなことが起きたのでしょうか。

また炎上した「無料案内」のデザイナーは誰なのか気になります。

noe risaさんという方が話題になっていますが、noe risaさんは今回の「無料案内」で出展取りやめをしたアーティストなのでしょうか。

それともデザイナーなのでしょうか。

そこで「福岡パルコ炎上無料案内のデザイナーは誰?noe risaが出展取りやめ?」と題して、記事をまとめていきます。

 

福岡パルコ炎上無料案内のデザイナーは誰?

福岡パルコで行われている一部企画が炎上しましたが、この企画のデザイナーは誰なのでしょうか。

まず、福岡パルコで開催されているイベントについてですが、同イベント「パルコ感覚」は九州のショップやアーティストの大きなイベントだったようです。

その大きなイベントに関わらず、風俗店案内所をイメージさせるような無料案内を設置していたため批判が多数あり撤去しました。

こちらの「無料案内」のデザイナーを調べましたが、福岡パルコの従業員が制作したそうで、名前までは分かりませんでした。

デザイナーは苦情や批判が相次いだことで、「ご覧いただいた方を不快な気持ちにさせてしまうような表現や演出があり、おわびします」と話していました。

 

福岡パルコ炎上無料案内でnoe risaが出展取りやめ?

福岡パルコの炎上した今回の企画について、noe risaさんという方が話題になっています。

この方はどのような方なのか、今回の福岡パルコの炎上との関連を調べてみました。

noe risaさんについて調べましたが、この方は本イベント「パルコ感覚」に作品を出展していたデザイナーです。

noe risaさんは「PARCO側との表現に対する感覚に大きな隔たりがありました」として、6月14日にを出展取りやめにしたことを自身のInstagramで公開していました。

「私自身が女性であることや裸を写していること、作家としてこの作品と向き合いながら覚悟した上での作品を発表した想いと違ったため作品を出展取りやめに決めました」としたうえで「今後も制作に励んで参り、どうか引き続き見守ってください」とのことです。

noe risaさんは福岡パルコの無料案内」とは全く無関係で、むしろ騒がれたため出展を取り下げなければいけなくなった被害者たったということが分かりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は福岡パルコ炎上無料案内のデザイナーは誰?noe risaが出展取りやめ?」と題して、記事をまとめました。

2022年6月14日、福岡パルコが今月11日から開催中のイベント「パルコ感覚」の一部企画「無料案内」において来場者が不快な思いとしたことで炎上し、福岡パルコが公式ツイッターに謝罪文を公開しました。

こちらの「無料案内」のデザイナーを調べましたが、福岡パルコの従業員が制作したそうで、名前までは分かりませんでした。

また、イベント出展者の一人、noe risaさんが「PARCO側と表現に対する感覚に大きな隔たりがありました」として、出展取りやめをしました。

noe risaさんは無料案内とは全く関係はなく、むしろ作者として被害者になる様子です。

ツイッターの反応では、悪ノリ過ぎる、出展しているデザイナーに失礼など、非難する意見ばかりでした。

今回の炎上は主催者と世間との感覚のズレによって生じた結果と思われます。