福知山線脱線事故運転手の家族や彼女は?名前や生きてるのかも調査!

2022年4月25日はJR福知山線脱線事故が兵庫県の尼崎市で発生してから、17年の日です。

未曾有の鉄道事故となったこの問題では、乗務員を含め100名以上の命が犠牲になりました。

非常に大きな事故だったので、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

その事故から早いもので17年が経過。

新型コロナウイルスの影響で中止となっていた慰霊式が3年ぶりに開かれて話題となっています。

かなりの大事故となったわけですが、車両を運転していた運転手には彼女や家族はいたのでしょうか。

また、名前は何というのでしょうか。

ネット上では「生きてる」とも言われていますが本当でしょうか。

そこで、「福知山線脱線事故運転手の家族や彼女は?名前や生きてるのかも調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

福知山線脱線事故運転手の家族や彼女は?

今回注目されている、福知山線脱線事故の運転手には家族や彼女がいたのでしょうか。

調べてみると、運転手には建築関係で働いていた父親と、専業主婦として家庭を支える母親に加えて、兄弟と姉がいたことがわかっています。

全員合わせると6人家族ということです。

気になる彼女についてですが、高校時代から知り合いだった彼女がいたようです。

そして、交際は結婚を前提としていたと言われています。

福知山線の事故があった後には、運転手の彼女は自ら命を落としたのではないかという根も葉もないうわさが出回ったようです。

今でもそうした情報はネット上に上がっていますが、本当かどうかはわかりません。

一説によると別人であったという情報もあるようです。

実際、匿名掲示板でも彼女が亡くなったのではないかという書きこみもみられますが、自ら命を絶ったのは生存者の女性であって、高見運転手の彼女ではなかったともっぱらです。

福知山線の事故は日本中のメディアで大きく取り上げられた大きな事故だったということを覚えている人は多いと思います。

陰謀論なども広がり、彼女に関するうわさまで拡散されたようです。

福知山線脱線事故については今でも噂や都市伝説が語られていますが、誤解によって生じたものがほとんどだと推測されます。

実際、高見運転士の彼女については続報が出ていませんし、その後の情報については不明なままです。

 

福知山線脱線事故運転手の名前は?

それでは、福知山線脱線事故で車両を運転していた運転手の名前はわかっているのでしょうか。

調べてみると事故車両の運転は高見隆二郎運転士(23)が担当していたことがわかりました。

事故では106名がなくなり、461人が負傷したほどの大きな事故だったんですね。

 

福知山線脱線事故運転手は生きてる?

上記のように、事故車両を運転していた高見隆二郎運転士ですが、Google上では「生きてる」というサジェストキーワードが出てくることがわかります。

果たして、福知山線脱線事故運転手は生きてると言われるのはなぜでしょうか。

ただ、こちらはもちろんデマの情報のようです。

高見運転手はブレーキレバーを握ったままの状態で先頭車両から遺体が、発見されたとされています。

事故を起こしたことは重大なことですが、最後まで、運転手としての責務を全うしていたともとれます。

遺体は運転台と腰や太ももが挟まれた状態で、車両の先頭部分でまとまって見つかったいたことも公開されました。

ただ、ネット上では運転手の情報が少なく、「生きているのでは?」という根拠のない噂が広がったと考えられます。。

普通に考えれば、高見運転士は運転席にいたことなので、一般客よりも事故による衝撃を強く受けていたことは間違いありません。

この事故は未曾有の被害を生んだ事故であり、常識的に考えれば運転をしていた高見運転士が生存している可能性はありえないでしょう。

福知山線事故をめぐっては心霊や陰謀論も指摘されていますが、高見運転士が生きているという説もこれらと同様の話と推測されます。

当時の会見では事故原因について、オーバーランをしたことでパニックが発生したのではないかと、現役の運転士たちが指摘したこともわかっています。

 

まとめ

いかがでしょうか。

この記事では、「福知山線脱線事故運転手の家族や彼女は?名前や生きてるのかも調査!」と題して記事にまとめてきました。

2022年4月25日はJR福知山線脱線事故が兵庫県の尼崎市で発生してから、17年の日でした。

未曾有の鉄道事故となったこの問題で、乗務員を含め100名以上の命が犠牲になったことがわかっています。

その事故から早いもので17年が経過し、慰霊式が3年ぶりに開かれました。

車両を運転していた運転手について調べてみると、運転手の名前は高見隆二郎運転士(23)といい、結婚を前提に交際していた彼女や家族がいたことが分かっています。

また、ネット上では「生きてる」とも言われていますが、高見隆二郎運転士は先頭車両で運転しており、ブレーキレバーを握ったままの状態で先頭車両から遺体が、発見されたとされたことがわかっています。