榎本正哉のインスタFacebookは?妻や経歴も調査!

大阪浪速区の日本料理店主が、客の女性に睡眠薬を入れた酒などを飲ませ、性的暴行を加えたとして逮捕されていたことがわかりました。

逮捕されたのは榎本正哉容疑者(46)で自身が経営する料理店で睡眠薬を混ぜた酒などを女性客に飲ませて抵抗できなくさせて、店内で性的暴行をした疑いがもたれています。

榎本容疑者は別の女性にも違う日に、同様の手口で性的暴行をした疑いがあります。

このような事件を起こした榎本容疑者のインスタやFacebookはあるのでしょうか。

そして榎本容疑者の妻や経歴も調べたいと思います。

今回は「榎本正哉のインスタFacebookは?妻や経歴も調査!」と題してまとめていきます。

 

榎本正哉のインスタFacebookは?

榎本容疑者のインスタグラムを検索しましたが、本人のものと思われるアカウントを見つけることはできませんでした。

同姓同名のアカウントは複数確認できましたが、名前の漢字が違っていたり、内容が料理店とは関係のないものであったりし、特定することはできませんでした。

榎本容疑者のFacebookも検索してみました。

すると榎本容疑者と同姓同名のアカウントを見つけることができました。

大阪出身で10年前の投稿に「板前修業中」という文章が記載されています。

しかしそれ以降の投稿がなく、情報もほとんど登録されていないため、本人のものであると特定することは控えておきます。

 

榎本正哉の妻は?

榎本容疑者のプライベートは公開されていません。

年齢が46歳で、ミシュランの星を獲得する腕前や経歴を持っているのなら、結婚していてもおかしくはないかと思われますが、妻に関しては情報を見つけることができませんでした。

しかし今回のような事件を起こしているのなら、独身だった可能性も出てきます。

今回の事件で、榎本容疑者の店は評判を著しく下げることでしょうね。

 

榎本正哉の経歴は?

榎本容疑者は1975年に大阪で生まれました。

高校生の時から和食料理人になることを夢見て住み込みでの修業を始めます。

有馬温泉にある料理旅館の欽山や、心斎橋にある梅市などと言った関西の名店で修業を積んでいきました。

21歳の時には日本料理店本湖月で23年にわたり修行をします。

2020年9月には自らの店である「榎本」を開店するに至りました。

 

まとめ

今回は「榎本正哉のインスタFacebookは?妻や経歴も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

客の女性に睡眠薬の入った酒などを飲ませて店内で性的暴行を加えた、日本料理店店主の榎本正哉容疑者が準強制性交等の疑いで逮捕されました。

榎本容疑者は別の日にも違う女性客に同様の手口で性的暴行をした容疑がかかっています。

榎本容疑者のインスタやFacebookは特定することができませんでした。

榎本容疑者に妻がいるかも検索しましたが、プライベートの情報はなく、不明です。

そして榎本容疑者の経歴ですが、高校時代から住み込みで日本料理の修業を始めていました。

関西にある料理店などでの修業を経て、2020年9月から自らの店を開店しました。