BTS活動休止は2022年いつからいつまで?活動再開の時期も徹底調査!

2022614日、韓国の人気グループである「BTS」が活動休止を発表しました。

こちらのBTSの公式チャンネルで公開された動画で、メンバーの口からグループの活動休止を示唆する発言がされています。

これを受けてBTSのファンを中心に「涙が止まらない」といった衝撃が広がっています。

今後はメンバーそれぞれで個人活動をしていくらしく、いずれまたグループ活動を再開するとのことです。

そこで、活動休止期間は2022年からいつまでなのでしょうか。

また活動再開の時期も気になりますね。

そこで、今回は「BTS活動休止は2022年いつからいつまで?活動再開の時期も徹底調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

BTS活動休止は2022年いつからいつまで?

BTSの活動休止はいつからいつまでなのでしょうか。

BTSメンバーの口からは10日に発売された新アルバム「Proof」を持って「BTSの活動のシーズン1を終えた」と出ています。

つまり、このアルバムの発売日から活動休止という形を取るのではないかと言われています。

厳密には活動休止と断言はできないですが「今後はソロ活動をしていく」といっていることから事実上の活動休止になるという可能性は高いとみられます。

では活動休止はいつまでなのでしょうか。

活動休止の理由として「メンバーの多忙によるストレスが大きくなってきた」「10周年に向けての充電」「メンバーの兵役問題がある」といった理由があるのではと推測されています。

多忙が理由であればストレスが解消されるまで活動休止ということになりますので、活動再開がいつになるのかはわかりません。

来年がBTSの10周年記念の年になりますので、それに向けての充電期間とも十分に考えられます。

兵役が絡んでいるとなれば、兵役の数年間のみの活動休止になるとみられます。

韓国の兵役の期間は1年半程です。

メンバー全員が同時期に入隊すれば、1〜2年程度で活動再開できるかもしれませんが、入隊時期がバラバラですと、全員が戻ってくるまで5年以上はかかるかもしれませんね。

これらは推察にしか過ぎませんので、また正式な発表がありましたら記事を更新いたします。

 

BTS活動再開の時期はいつ?

BTSの活動再開はいつになるのでしょうか。

先の見出しでも記載した通り、活動休止の理由は「多忙によるストレス」「10周年に向けての充電」「兵役問題」の2点があるのではないかと言われています。

理由が多忙によるストレスの場合はストレスが解消されるまで活動再開ができないと思われますので、活動再開の目処はつけにくいでしょう。

充電期間を設けることも十分に考えられます。

兵役問題が活動休止の理由としてあるのなら兵役は期間が決まっていますので、活動再開の見通しはつけやすいのではないでしょうか。

さらには、韓国の徴兵には「同伴入隊」という制度があり、これを利用してBTSのメンバー全員が同時期に入隊するという手段を取ることができます。

そうすれば、全員が同時に兵役に就くことができますので活動休止の期間を最短の1年半で終わらせることができるのではないでしょうか。

兵役問題が活動休止の理由だとすればこの手段をとって、1年半後の2024年の初頭あたりに活動再開できます。

しかし、「今後はソロで活動していく」といったメンバーの発言から、すで別々に入隊するという予定ということも考えられます。

誰かが入隊している間に、他のメンバーが個人活動をするプランを練っている場合もありますね。

活動再開についてはまだしっかりと明示されておらず、これらは憶測に過ぎませんので公式の新たな情報が入りましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「BTS活動休止は2022年いつからいつまで?活動再開の時期も徹底調査!」と題して記事をまとめました。

2022年6月14日、韓国の人気グループである「BTS」が活動休止を発表し、ファンを中心に衝撃が広がっています。

今後はメンバーそれぞれで個人活動をしていくらしく、いずれまたグループ活動を再開するとのことです。

BTSメンバーの口からは10日に発売された新アルバム「Proof」を持って「BTSの活動のシーズン1を終えた」と出ており、このアルバムの発売日から活動休止という形を取るのではないかと言われています。

厳密には活動休止と断言はできないですが「今後はソロ活動をしていく」といっていることから事実上の活動休止という可能性は高いでしょう。

活動休止の理由として、「多忙によるストレス」「10周年に向けての充電期間」「兵役問題」の3点があるのではないかと言われています。

理由が多忙の場合はストレスが解消されるまで活動再開ができないと思われますので、活動再開の目処はつけにくいでしょう。

10周年に向けての充電期間が理由なのも十分に考えられます。

兵役問題が活動休止の理由としてあるのなら兵役は期間は1年半と決まっていますので、活動再開の見通しはつけやすいと思われます。

さらには、韓国の徴兵には「同伴入隊」という制度があり、これを利用してメンバー全員が同時期に入隊するという手段を取れます。

そうすれば、全員が同時に兵役に就くことができますので活動休止の期間を最短の1年半で終わらせることができ、1年半後の2024年の初頭あたりに活動再開できます。

しかし、「今後はソロで活動していく」といったメンバーの発言から、誰かが入隊している間に、他のメンバーが個人活動をするプランを練っている場合も考えられます。