ボリスボンダレフの顔画像や年齢経歴は?Facebookとwikiプロフも調査!

2022年5月23日にロシアの外交官であるボリス・ボンダレフ氏は、ウクライナ侵攻とプーチン政権に抗議するため、外務省を退職すると発表しました。

ボンダレフ氏は、20年間ロシアの外務省に努めてきたベテランでしたが、年々専門性を失い、宣伝機関に堕してきたと指摘しました。

SNSでもボリス・ボンダレス氏が個人アカウントで今回の事に発言しており、今話題となっています。

その中には、顔画像や年齢を知らないという方、経歴などが知りたくてwiki、Facebookなどでプロフなどを見る方も居ると思います。

ボリス氏が外務省を退職するきっかけとなったのは、皆さんもご存知のロシアからウクライナへの侵攻です。

自身の地位と名誉を捨ててでも、ロシア国民に顔向けできないことはしたくないという理由で今回退職を決意されました。

今回はそんな母国ロシアを大切にしている、ボリス・ボンダレフ氏の顔画像や年齢経歴、Facebookとwikiプロフも調査していきます。

 

ボリスボンダレフの顔画像や年齢経歴は?

ロシア政府の行った今回の侵攻を、ウクライナ国民に対してだけでなく、ロシア国民に対する最も深刻な犯罪だ。

と抗議し、外交官を退職したボリス・ボンダレフ氏ですが、報道などにより顔画像が公開されているようです。

年齢は41歳で外交官を退職したということから、現在も誕生日などが来ていなければ同じ年齢だとわかりました。

経歴は2002年からロシアの外務省に勤務、2019年からは、国際連合ジュネーブ事務局でロシアの参事官を務めたとのことです。

現在41歳のボンダレフ氏は2002年から外務省に勤務しているとのことなので、21歳から外交官として働いているのがわかりました。

ちなみに、参事官とネットで調べていくと、総合調整を必要とする重要事項を総括整理する役職のことであると書いてありました。

これは恐らく日本の説明で、今回は国外のことになるため、あくまで推測ですが、外交官の中でも上の立場だったのではないでしょうか。

ちなみにですが、これ以外の経歴に関してはネットでどこを調べても、出てきませんでした。

 

ボリスボンダレフのFacebookとwikiプロフは?

SNSを調べていくとボリス・ボンダレフ氏の顔画像が載ったFacebookのアカウントがありました。

基本データとして登録されていたのは自己紹介欄だけで、モスクワ出身とのことでした。

Facebookの投稿には、今回外交官を退職した理由やいきさつが書かれていました。

その中の一部に、今年の2月24日ほど、自分の国と自分の仕事について恥じたことはありません。という一文がありました。

それだけ自身の務めていた外務省に敬意と誇りを持っていたということでしょうね。

次にネット上でボリス・ボンダレフ氏と検索しwikiプロフを見つけましたが、最初の見出しに書いた内容と類似していました。

結果としてそれ以上の情報としては他に見つけることが出来ませんでした。

 

まとめ

ロシアの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

今回の記事ではロシアの外務省を退職されたボリス・ボンダレフ氏の顔画像や年齢、経歴、Facebookやwikiプロフについてまとめていきました。

わかったこととしては、顔画像は報道やSNSで本人も公表しており、年齢は41歳で経歴としては、21歳で外務省勤務になりました。

38歳で、ロシアの参事官を務め、41歳に外務省を退職されました。

Facebookでは、自身の思いの丈を投稿しており、今まであったことや政府への今の印象などを書いていました。

wikiプロフに関しても発見はできましたが、ネット上で出てくるものと類似している内容ばかりでした。

ボリス・ボンダレフ氏は現在外務省を退職されているとのことですので、今まで国のために外交官として尽くしてきた分、少し休憩してほしいですね。

現段階ではこれだけの情報しか集まりませんでしたが、今後また何か進展があればボンダレフ氏の記事を書いていこうと思います。