ブルーロック191話ネタバレ!クリス登場でどうなる?

  • 2022年10月19日
  • 2022年10月19日
  • 漫画

ブルーロック190話では復活した凪・玲王ペアをバスタード・ミュンヘンは止めることができず、凪のゴールにより試合が振り出しに戻ったところで終わっていました。

そんなブルーロック191話は、10月12日発売予定の『週刊少年マガジン』にて連載されますが、ネタバレが見たい方も多いようです。

これまでゴールを決めた千切、國神、カイザー、凪の4人が振り出しに戻った試合を決めるのか。

はたまた今試合ゴールのない潔がチャンスを掴み取ることができるのか。

最後に輝くのはいったい誰なのか、試合の行方はみなさん気になりますよね。

そこで今回は、「ブルーロック191話ネタバレ」と題してバスタード・ミュンヘンVSマンシャイン・Cによる今後の試合の行方について考察とネタバレを含めた情報をお伝えします。

>>ブルーロック最新話ネタバレはこちら

ブルーロック191話ネタバレの考察

凪の4連続「二段式ボレー」により試合が振り出しに戻ったところで190話は終わりました。

今後予想される展開としては、プレイヤーがやはり決勝ゴールを決めるシーンが描かれるのではないでしょうか。

そこでこの記事では終盤に差し掛かったバスタード・ミュンヘンVSマンシャイン・C戦における191話の展開と決勝ゴールを決める選手について考察していきたいと思います。

どうぞご覧ください。

 

ブルーロック191話ネタバレ|崩れる潔

潔はマンシャイン・C戦を通じて「メタ・ビジョン」を習得し選手として一歩成長しました。

しかし、その成長を持ってしても復活した凪・玲王ペア、そして凪の進化した「二段式ボレー」の前では何もすることができませんでした。

潔はこの試合でゴールこそありませんでしたが、ノエル・ノアの前で新たな選手としての可能性を見せることができ、ある程度の戦果を得た試合出会ったと思います。

しかし試合終盤、チームがリードしていたにも関わらずこれまでチームメイト、そしてライバルとして切磋琢磨し合ってきた凪に負けたのは潔にとって大きなダメージであると予想されます。

そのため、潔は自分のプレーができなくなり、挫折するのではないでしょうか。

今後の潔の復活に期待です。

 

ブルーロック191話ネタバレ|試合を決めるのはカイザー?

自身の得点以降大人しいカイザー。

凪の「二段式ボレー」に翻弄されリードしていたバスタード・ミュンヘンは同点に追いつかれました。

こんな時カイザーが黙っているはずがありません。

王子様気質でプレイドが高く、時には潔のプレーの邪魔をするカイザーですが、これまでチームの勝利に幾度となく貢献し、またチームの勝利を誰よりも考えている選手です。

同点に追いつかれ、崩れる潔とは違い、自らゴールを決めようとカイザーは動いてくるでしょう。

191話ではカイザーを中心としたバスタード・ミュンヘンの激しい攻撃が見られるのではないでしょうか。

 

ブルーロック191話ネタバレ|潔、待望のゴールは?

「メタ・ビジョン」を持ってしてでも凪を止めることのできなかった潔はゴールを決めることができるのでしょうか。

これまでの潔の戦い方は黒名との連携、そして「メタ・ビジョン」の活用でした。

しかし、凪・玲王ペアが復活した今、潔・黒名ペアはかなり劣って見えます。

ですが、バスタード・ミュンヘンはカイザーを中心としたチームであるため潔に味方はいません。

そんな中で潔がゴールを決めるには國神との共闘しかないでしょう。

敗者復活戦により人格そのものが変わってしまったように感じる國神ですが、潔とこれまで共に戦ってきた過去は忘れていないでしょう。

191話は國神・潔の共闘という激アツ展開に期待です!

 

ブルーロック191話ネタバレ|Twitterの感想や予想

やはり凪のゴールにみなさん釘付けですね。

 

ブルーロック191話ネタバレ

ブルーロック191話は10月12日発売の『週刊少年マガジン』にて記載されました。

ここからは191話のネタバレについてまとめていきます。

 

ブルーロック191話ネタバレ|歓喜の凪

土壇場でワールドクラスのプレーを決め、潔に勝った凪は歓喜の渦に包まれます。

これまで勝利することができなかった潔を倒したことで凪は”勝利”の喜びを知るのでした。

凪自身も「この地球の”主人公”になった気分」といっております。

しかし、歓喜の一方でこれまで潔に勝つためにプレーしてきた凪は目標を達成したこの瞬間に次の自分が目指す場所に疑問を感じているようなシーンが終盤に見られました。

 

ブルーロック191話ネタバレ|反撃を誓う潔

潔は初めて凪に敗北を喫するのでした。

しかし、潔はそこで崩れるのではなく、悔しさから反撃を宣戦します。

そこで潔は超進化を遂げた凪に仮定を仰ぎ、自らへの挑戦が超進化への鍵となることを知るのでした。

そして物語終盤、凪と玲王のプレーを奇跡と断言し、「次はない」と宣言するところでシーンが終わりました。

 

ブルーロック191話ネタバレの確定速報|クリス登場

191話は凪と潔のやりとりがメインとして描かれていましたが、終盤ではもう一つ大きな展開がありました。

それはマンシャイン・Cの指導者であるクリス・プリンスの登場です。

現在の選考では各チームの指導者が決められた時間内のみ試合に出場できるというルールがあります。

バスタード・ミュンヘンVSマンシャイン・C戦ではまだお互いに指導者の出場はなかったため、試合が同点となり振り出しに戻ったところでマンシャイン・Cは指導者であるクリス・プリンスが登場してきたところで191話が終わりました。

 

まとめ

この記事では、「ブルーロック191話のネタバレ」についてまとめていきました。

凪のゴールにより振り出しに戻った試合。

マンシャイン・Cの指導者であるクリス・プリンスの登場が試合の鍵となりそうです。

今後の展開に大注目です。

これから益々面白い試合の行方になるブルーロックから今後も目が離せませんね。

「ブルーロック191話のネタバレ」を最後まで読んでいただきありがとうございました。