東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙ネタバレ6話確定!佐藤隆星と四谷傀團の関係!

東京リベンジャーズ東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙5話では、鬼羅美威(キラービー)が佐藤千冬たちの学校へ乗り込んできます。

「東卍(トーマン)狩り」だといい、場地圭介に出てくるよう言いながら校舎へ歩いているところへ、千冬が飛び込み足止めをします。

場地は学校内では喧嘩をすることができず、助太刀に来た佐藤龍星、千冬と共に屋上へ追い込まれます。

鬼羅美威の総長は降伏を呼びかけ、自らのバックには四谷傀團(よつやかいだん)というチームが付いていることを明かします。

すると龍星の様子が豹変し、鬼羅美威の総長を屋上から落とそうとしました。

総長は千冬が助け、場地が龍星を咎め、鬼羅美威はそれを見て逃げていきました。

龍星と四谷傀團には関係があることは確定でしょう。

場地は心当たりがあるようですが詳しくは話してくれませんでした。

今回は「東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙 ネタバレ6話確定速報!佐藤隆星と四谷傀團の関係!」と題してまとめていきます。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の考察

千冬たちの学校へ乗り込んできた鬼羅美威は、場地が所属するクラスを知っていましたが、校舎へ乗り込まれる前に千冬が足止めをします。

しかし、裏門からも鬼羅美威は乗り込んできており、場地の教室へたどり着きました。

学校内では喧嘩をすることができない場地は防戦を強いられ左腕を負傷します。

合流した千冬と龍星と共に屋上へ追い込まれた場地に鬼羅美威の総長は、場地が校内では戦えないと教えられたことを伝えました。

バックに四谷傀團がいることを告げられた龍星が豹変し、総長を屋上から落とそうとします。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の考察!場地の情報を鬼羅美威に教えたのは四谷傀團?

鬼羅美威は学校侵入時から目標の場地の教室を知っていました。

また、場地が学校内にいる時の画像や、取り巻きがいないなどの情報も事前に入手していました。

鬼羅美威の部下が総長に対して、取り巻きがいるとは聞いてなかった、と発言したことから、鬼羅美威は自らの力で情報を集めたのではなく、誰かから情報を与えられたことがうがかえます。

そして総長が場地らを潰せば四谷傀團の幹部にしてもらえる、との発言から、情報源は四谷傀團であろうと推測できます。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の考察!龍星は四谷傀團を憎んでいる?

鬼羅美威の総長が四谷傀團の名を口にしたとたん、龍星は総長に殴り掛かります。

挙句に総長を屋上から落とそうとまでしました。

千冬と場地が止めなければそれを実行していたかのような勢いです。

その時の龍星の目は血走っており、理性をなくしているかのようです。

今まで飄々とした態度しか見せなかった龍星が、このように理性をなくすほどの因縁が四谷傀團との間にあるのでしょうか。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の考察!場地が知る龍星の過去!

場地は鬼羅美威の総長が四谷傀團の名を出したときに驚いたような表情を見せます。

しかし実際に動いたのは龍星でした。

場地は龍星が理性をなくした時に、龍星を殴り目を覚まさせますが、静かに声をかけていました。

龍星の反応に戸惑う様子もなく、受け入れているような態度です。

もしかしたら場地は、龍星がこのような状態になることを知っていたのかもしれませんね。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の考察!東京卍會と四谷傀團の因縁!

東京卍會は創設時は6人しかいませんでした。

創設時の写真に龍星の姿はないように見えます。

それでも場地の右腕として副隊長に所属するのはかなりの腕があるのでしょう。

過去にどこかのチームに所属していたのかもしれません。

それが四谷傀團なのでしょうか。

場地たちを潰すようそそのかしたのは龍星が抜けた腹いせなのでしょうか。

鬼羅美威の総長は、少年院に入るよりもアイツらに粛清される方が怖いことを言っていました。

アイツらとは四谷傀團のことなのでしょう。

それほどの恐怖を抱かせるチームに所属していたのなら、龍星の強さにも納得がいきます。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話確定速報

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話では、鬼羅美威襲撃後からが描かれています。

職員室に呼び出された千冬、場地、龍星は説教されます。

龍星の口八丁で場地のことをごまかすことができ、場地は責任を問われずに済みました。

その代わり千冬と龍星がすべての責任を負う形で1週間の謹慎処分となりました。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の確定速報!龍星の態度

謹慎が明けてから龍星は様子がおかしくなりました。

壱番隊の集会でも心ここにあらずであったり、千冬にちょっかいをかけていた屋上にも入り浸ることなく、千冬を避けるような行動をとります。

まるで千冬に四谷傀團のことを問われるのを避けるような行動です。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の確定速報!四谷傀團と龍星の関係

鬼羅美威の襲撃の後ろ盾となったという四谷傀團。

千冬は四谷傀團と龍星との関係を気にしますが、場地は「切っても切れない因縁」としか教えてくれません。

龍星本人は飄々とした様子を演じていますが、明らかに普段とは違います。

まるで不安と思っている自分の感情をごまかしているかのようです。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の確定速報!千冬と龍星の会話

千冬が龍星を挑発し、龍星はそれをかわしますが返した言葉が悪く、千冬と殴り合いになります。

龍星を腑抜けと批難し、副長を下ろされると脅しますが、笑ってかわします。

このような龍星の態度に千冬は我慢の限界が来たのでしょう。

龍星を殴りますが、龍星も反撃しケンカが始まります。

しかし龍星も本調子ではないのでしょう千冬に膝をつかされてしまいました。

 

東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙6話ネタバレ最新話の確定速報!壱番隊の未来

そして千冬は「俺たちの力が合わされば四谷傀團に負けない」といい、それを聞いた龍星は吹っ切れたように以前の飄々とした様子に戻りました。

場地は二人のやり取りを見ており、「東卍(トーマン)は内輪モメ御法度」と千冬に言いますが、壱番隊に認められたと千冬に特攻服(トップク)を渡します。

吹っ切れた様子の龍星を見て場地も安心したようでした。

 

まとめ

今回は「東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙 ネタバレ6話確定速報!佐藤隆星と四谷傀團の関係!」と題して記事にまとめてきました。

東京リベンジャーズ東京リベンジャーズ場地圭介からの手紙5話では、鬼羅美威(キラービー)が佐藤千冬たちの学校へ乗り込んできます。

場地は学校内では戦うことができないため、千冬たちは防戦を強いられ屋上へ追い込まれてしまいました。

鬼羅美威の総長は場地の教室の場所や画像、学校内では戦えないことを知っていました。

そして場地らに降伏を要求し、四谷傀團がバックに付いていることを明かします。

すると龍星は理性をなくしたように総長を殺そうとしました。

龍星と四谷傀團の関係はこの様子を見る限り友好とはいえないでしょう。

場地も四谷傀團のことを知っているようで、龍星のことを冷静に諭します。

龍星が持つ四谷傀團への感情はこれほどの強さなのだと見受けられます。