佐野浅夫の自宅住所は京都のどこ?家族や嫁も調査!

俳優の佐野浅夫さんが2022年6月28日に老衰のため自宅で亡くなりました。

佐野さんは時代劇「水戸黄門」の3代目水戸光圀役で人気を博し、「泣き虫黄門」として知られています。

そんな佐野さんは京都市内の自宅で亡くなったとのことですが、自宅住所はどこなのでしょうか。

また、佐野さんの家族や嫁についても調査したいと思います。

今回は「佐野浅夫の自宅住所は京都のどこ?家族や嫁も調査!」と題してまとめていきます。

 

佐野浅夫の自宅住所は京都のどこ?

佐野さんは京都市の自宅で亡くなられたと報道にありますが、自宅の場所は公表されていません。

佐野さんは神奈川県横浜市保土ヶ谷区の出身だそうです。

実家は相模鉄道天王町駅の近くにある青果商を営んでいたそうです。

京都市右京区には「有限会社佐野浅夫事務所」という会社がありますが、この会社と佐野さんとの関係は分かっていません。

会社名から、佐野さんの活動を管理する会社のように思われますが、wikipediaやメディアなどの情報に、佐野さんと事務所を結びつける情報は見つけることができませんでした。

 

佐野浅夫の家族や嫁は?

佐野さんは1950年に英子という名前の女性と結婚しました。

二人はおしどり夫婦として有名だったといいます。

佐野さんと英子さんの間に子供はいませんでした。

しかし1998年に英子さんは亡くなり、佐野さんは一時芸能活動を休止しています。

そして2年後の2000年に、21歳年下の育子さんと再婚しました。

育子さんと前夫の間には子供がおり、長男は大学教員で、次男は競輪選手の川村晃司(川村は育子さんの旧姓)さんです。

佐野さんのいとこの子供には俳優の里見浩太朗(本名:佐野邦俊)さんがおり、里見さんと離婚した妻との間には同じく俳優の佐野圭亮さんがいます。

 

まとめ

今回は「佐野浅夫の自宅住所は京都のどこ?家族や嫁も調査!」と題して記事にまとめてきました。

時代劇「水戸黄門」シリーズの3代目水戸光圀役で人気を博した佐野浅夫さんが老衰のため亡くなりました。

亡くなったのは京都市の自宅だそうで、家族のみで密葬を行ったとのことです。

佐野さんの自宅住所が京都市のどこなのかを調べましたが、特定できませんでした。

京都市右京区には「有限会社佐野浅夫事務所」という会社がありますが、この会社と佐野さんとの関係は不明です。

佐野さんの家族や嫁についても調査しました。

佐野さんは1950年に英子という女性と結婚していますが、1998年に死別します。

英子さんとの間に子供はいません。

その後21歳年下の育子さんと再婚し、育子さんの連れ子の大学教員と競輪選手の2人の親となります。

佐野さんと直接血のつながりがある子供はいないようですね。