愛知県工科高校のみ死亡事故はどこ?三河の学校特定?

今回は、「愛知県工科高校のみ死亡事故はどこ?三河の学校特定?」について調べていきます。

2022年5月6日、愛知県三河地方の工科高校で男子生徒が工具の「のみ」で大動脈を傷つけ死亡したとして注目されています。

木材加工の実習中に、2年生の男性生徒が「のみ」の調整をしていたところ、誤って刃先が左足の付け根付近にあたり、大動脈を傷つけてしまいました。

そして、出血多量で心肺停止になりましたが、緊急手術で一命をとりとめました。

しかし、その後、死亡してしまったとのことです。

そこで、死亡事故が起きてしまった愛知県工科高校がどこなのか気になりますよね。

また、愛知県工科高校が三河地方の学校なのか特定をしていきます。

 

愛知県工科高校のみ死亡事故はどこ?

愛知県工科高校の男子生徒がのみで死亡した事故が起きてしまった高校がどこなのか調べてみました。

調べたところ、報道で三河地方にある高校であることがわかりました。

愛知県の三河地方の県立高校が、61校ある事がわかりました。

ただ、報道やSNSでも詳しい学校名までは公開されていませんでした。

愛知県教育委員会は全ての県立高校に対し、実習授業などでの生徒の安全確保を徹底するよう指示を出しています。

そのため、作業方法の見直しを行い、同じようなこと事故が起こらないよう、再発防止に努めてほしいですね。

 

愛知県工科高校のみ死亡事故の三河の学校特定?

愛知県工科高校での死亡事故が報道で三河地方と報じられいます。

そこで、三河地方の県立高校を調べてみました。

愛知県の三河地方は、西三河と東三河に区別され、19の市町村で成り立っています。

また、実習中に「のみ」を使うことから、建設科、建築科である可能性が高いのではないでしょうか。

したがって、調査したところ、下記高校がある事がわかりました。

・愛知県立豊橋工業高等学校 建築科 豊橋市

・愛知県立碧南工業高等学校 建築科 碧南市

ただ、報道やSNSで学校名を公表していないことから、あくまで推測でしかありません。

今後、新しい情報が分かり次第、掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「愛知県工科高校のみ死亡事故はどこ?三河の学校特定?」について調べてみました。

2022年5月6日、愛知県三河地方の工科高校で男子生徒が工具の「のみ」で大動脈を傷つけ死亡しました。

男子生徒がのみで死亡した事故が起きてしまった高校がどこなのか調べてみました。

調べたところ、報道で三河地方の高校であると報じられ、三河地方の県立高校が、61校ある事がわかりました。

また、三河地方の県立高校を調べてみました。

実習中に「のみ」を使うことから、建設科、建築科である可能性が高いのではないでしょうか。

そこで、三河地方の建設科、建築科がある高校を調べたところ、2校ある事がわかりました。

ただ、報道やSNSで学校名を公表していないことから、あくまで推測でしかありません。

今後、新しい情報が分かり次第、掲載いたします。