家×ダンス「南郷コシツ2」

日時:
2013年11月17日(日)13:00開演 15:30終演予定
会場:
八戸市南郷区島守農協周辺
有限会社西モータース、八戸農業協同組合八戸営農センター(南部)ロビー、
南郷リンゴ選果場、八戸市立島守中学校体育館
※途中、会場の移動があります。
※ご自宅から座布団をお持ちください。
受付:
八戸農業協同組合 八戸営農センター(南部) 八戸市南郷区大字島守字熊堂20
受付時間 12:30~12:50
※車でおいでの方は、八戸農業協同組合八戸営農センター(南部)駐車場をご利用ください。
料金:
無料(定員120名/予約優先)
申込先:
八戸市南郷文化ホール
TEL:0178-60-8080 ​Mail:75info@nangoartproject.jp
※休館日(毎週月曜日但し、祝日等に当たる場合は翌日火曜日)を除く。
出演:
森下真樹(ダンス)、山﨑麻衣子(ダンス)、笠井晴子(ダンス)、市松=髙山彰(パフォーマンス)、沢代キュートン(ポージング)、島守虎舞(郷土芸能)、しもさき博之(MC)、関陽平(パーカッション)、髙橋和誠(ダンス)、南郷の子どもたち(南郷ソーラン)、平岡成光(生け花)、松石芳松(カラオケ)

あなたの座布団1枚が、運命の1枚になる!
家で楽しむ門付パフォーマンス。

南郷コシツ PDF

座布団片手に、南郷のお家におじゃまして、門付のごとくやってくるパフォーマンスを見て楽しむ「南郷コシツ」第2弾!
狭い空間で一人で遊ぶことから作られた、森下真樹のダンス作品「コシツ」を本人プロデュースのもと、今年も地域の出演者とともに南郷バージョンでつくります。
「南郷のお家で待っていると、パフォーマンスする人たちが次々やってくるんだって~。」「ダンスに生け花、虎舞、カラオケ?」「座布団の高さで優勝が決まるんだって~。」「マイ座布団を持ってきてね!」
地域の出演者を巻き込み、その家や場所に固執するようなダンスや音楽に、個室で出会う企画です。

「南郷コシツ」の楽しみ方

  1. 受付で観覧会場となる「家」を1つ選び、座布団を持っておじゃまします。
  2. 「家」で待っていると、ピンポンと呼び鈴が鳴り、パフォーマーがやってきます。
  3. 全ての演目を見た後、その「家」に一番“コシツ”していたパフォーマンスをお客さん皆で選び、決勝戦へと送りだします。
  4. 決勝会場の「家」に場所を移し、各「家」から選ばれた3組のパフォーマンスを観覧。
  5. 決勝戦のパフォーマンスの中から1組、これだ!という演目を選び、優勝者を決めます。
  6. 優勝を決めるのは、お客さんが重ねる座布団の高さ!第2回門付グランプリは誰の手に?

マイ座布団で楽しもう!

演芸会などに出かける時は、自分の座布団をふろしきなどにくるんで背負い、持ち寄って鑑賞するのが南郷流。あなたの座布団が門付グランプリを決める大事な1枚になるかも!?ぜひご持参ください。※座布団は会場でもお貸しします。

出演者ラインナップ

森下真樹(ダンス)×平岡成光(生け花)

なかなか珍しいダンスと生け花デモンストレーションの組み合わせ。森下真樹だからできるコラボ。

山﨑麻衣子(ダンス)×松石芳松(カラオケ)

南郷歌謡愛好会会長の松石芳松さんと、華のあるダンスを魅せてくれる山﨑麻衣子のペア。

笠井晴子(ダンス)×南郷の子どもたち(南郷ソーラン)

可愛らしい南郷の子どもたちと、笠井晴子のダイナミックなダンスがミックスする。

市松(パフォーマンス)×関陽平(パーカッション)

演劇、ダンスを取り入れた市松のパフォーマンスと、民族楽器カホンを奏でる関陽平さんのペア。

髙橋和誠(ダンス)×島守虎舞(郷土芸能)

郷土芸能の島守虎舞とコンビを組むのは、どこか民舞や演武の様なダンスを踊る髙橋和誠。

沢代キュートン(ポージング)×しもさき博之(MC)

ラジオパーソナリティしもさき博之の軽快なMCに乗せて、沢代キュートンがポージングを披露。

森下真樹(ダンサー・振付家)

幼少期に転勤族に育ち、転校先の友達作りで開発された遊びがダンスのルーツ。2003年ソロ活動開始。これまでに10カ国以上でソロを上演。周囲を巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークかつパワフルな森下ワールドが特徴。青森県立美術館、国際芸術センター青森、十和田市現代美術館など青森県内でのパフォーマンス実績も多い。最近では森山未來、満島ひかり主演、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出/振付作品『100万回生きたねこ』に出演。南郷アートプロジェクトへの出演は3年目となる。ホームページ:http://maki-m.com

山﨑麻衣子(ダンサー)

10歳よりバレエを始める。バレリーナになるつもりが、気づけばヘンテコな動きをしたり踊ったりしていた。これまでに、森下真樹、橘ちあ、太田ゆかり振付作品や夏木マリ印象派など出演。河村美雪の「音の海」や、詩人、野村喜和男や生野毅らとのセッションなど実験的なパフォーマンスも勢力的に試みる。
デュオ〈パギ〉としても活動し、2013年1月に行った単独公演では「ダンスを外側から見据える、コンテンポラリーダンスの新たな展開である」と好評を得る。



笠井晴子(ダンサー)

1986年東京、晴れの日生まれ。長い手足とクルクル変化する表情を武器とし、大胆かつ繊細な表現で舞台をはじめ、TV・CM出演、体操のお姉さんなど多方面で活動する。即興ダンスを振付師香瑠鼓に師事。これまでに森下真樹、近藤良平、森山開次、撫肩GUYDANCE等の作品に参加。


市松=髙山彰(パフォーマー/演出家)

八戸市南郷区島守地区出身のパフォーマー。小学校時代、学習発表会の劇に出演した事がきっかけで舞台に上がる楽しさを知る。島守の農家で生まれ育ち、豊かな自然と、古くからのアニミズム(全てのものに魂が宿っている)的な感覚が残る環境で育った事が作品作りに影響している。
現在、「舞台芸術の学校」(旧パパ・タラフマラ舞台芸術研究所)にて修行中。演劇、ダンス、ヴォイス、美術など、様々な領域を横断した舞台表現を目指す。

沢代キュートン(ポージングユニット)

沢代消防団のメンバーを中心に結成された世界を代表する(?)ポージングユニット。地元南郷の夏祭りや結婚式の余興等で注目を浴びている。2012南郷アートプロジェクトに出演。ロッテ・エナジーガム発売記念『ENGINE×キュートン動画コンテスト』に参加。

島守虎舞(郷土芸能)

島守地区を中心に組織された、子供から大人までが活動する《スピリット・パフォーマー》。結婚式の余興や島守春まつり等のイベントに出演しており、地域の方々に親しまれている。



しもさき博之(MC)

コミュニティラジオ局BeFM勤務。現在、木・金曜日「ゆうらじHachinohe」でパーソナリティを務める。30代前半からFM青森の一番組を担当、以来20年間喋り続ける。
ラジオの他、20代の頃からバンドや演劇を始め、現在も不定期で活動中。地方情報誌への掲載もしている。

関陽平(パーカッション)

宮城県東松島市出身。2012年4月より株式会社リクルートライフスタイルから八戸市観光課へ出向中。12歳からドラムを始め、高校卒業後はプロドラマーを目指して上京。3年後、腰を壊して挫折。その後、米国オクラホマ州の大学で学びながら、世界中から集まる仲間とセッションを重ねる。八戸暮らしでは隙間時間を見つけて音楽を愉しんでいる。

髙橋和誠(ダンサー)

1989年生まれ八戸市大久喜出身。ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを横断しながら活動。幼少より地域の人たちと民舞を踊っていた事や、空手を習っていた事が現在の振付に影響している。
全国大学生・専門学生ストリートダンスコンテストBIG BANG!!TOKYO 2010 SPRING「特別賞」、横浜ダンスコレクション EX 2012 新人振付家部門「最優秀新人賞」受賞。現在、他分野のアーティストとのコラボレーションに着目し、活動の領域を広めている。

南郷の子どもたち(南郷ソーラン)

島守小学校と島守保育所の子ども達で結成された4人グループ。小さいながらも即興でよさこいを披露するなど、実力派。持ち前の笑顔で観る人を元気にします。



平岡成光(生け花)

1975年頃から一葉式いけ花を習い、1984年1月教授者免状を取得。
日本いけばな芸術協会特別会員として東北展に3回出瓶。1994年頃から海外(イギリス、アメリカ、フランス等)メンバーの勉強会に参加する傍ら、現地での華展に出瓶。
一葉式家元とアメリカ人陶芸家・ダンサーとのコラボレーションの補助をした経験もあり、今回の出演のきっかけになっている。
また、文化協会主催の華展に毎年出瓶。こどもいけ花教室にも力をいれている。

松石芳松(カラオケ)

大工ひとすじ45年。荒谷地区が誇る大工の棟梁。仕事の息抜きとして始めたカラオケは、島守カラオケ愛好会会長、そして、南郷歌謡愛好会会長を歴任するほど、熱心取り組んでいる。青森文化ホールで開催された、NHKのど自慢に応募経験あり。昨年の「南郷コシツ」に出演した。

昨年の南郷コシツ・メイキング

問い合わせ:
八戸市南郷文化ホール
TEL:0178-60-8080 ​Mail:75info@nangoartproject.jp
   ※休館日(毎週月曜日但し、祝日等に当たる場合は翌日火曜日)を除く。

南郷アートプロジェクト2013 コミュニティプロジェクト
主催:八戸市、株式会社アート&コミュニティ(八戸市南郷文化ホール・八戸市公会堂・八戸市公民館指定管理者)
助成:財団法人地域創造
協力:八戸農業協同組合八戸営農センター(南部)、有限会社西モータース、八戸市南郷区島守馬場地区のみなさん

「森下真樹いないDEショウ!!」~小ママたちの大ママの座を狙う壮烈バトル編~

日時:
2013年10月4日(金)~5日(土)
第1ショウ・19:00~
第2ショウ・21:00~
会場:
長横町ジャスマック八戸館3階 「パーティルーム」
出演:
山﨑麻衣子、笠井晴子、沢代キュートン、八戸釦音堂
監修:
森下真樹

大ママ不在のクラブ『マキ』で繰り広げられる、
小ママとホストたちのダンスショウ!

大ママ森下真樹が男を追って旅に出て、トップ不在となったクラブ『マキ』…。小ママの山﨑麻衣子と笠井晴子の二人による勢力争いが、ついに火蓋を切る!競い合う二人、大ママの座を勝ち取るのはいったいどちらか。沢代キュートン扮するホストたちをも巻き込んで展開する、クラブ『マキ』を巡る人間模様のダンスショウ。
2012年「酔っ払いに愛を」で好評を得た「森下真樹ダンスショウ!2」の続編、今年もお楽しみあれ。

昨年の様子

山﨑麻衣子(ダンサー)

10歳よりバレエを始める。バレリーナになるつもりが気付けばへんてこな動きをしたり、様々な作品を踊ったりしていた。これまでに、二見一幸、近藤良平、橘ちあ、森下真樹振付作品や夏木マリ印象派など出演。ソロ作品に「はなの実」「おんなのこのこ」「another」など。デュオ〈パギ〉としても活動し、横浜ダンスコレクションR2010に出演。

笠井晴子(ダンサー)

1986年東京、晴れの日生まれ。長い手足とクルクル変化する表情を武器に、即興ダンスからCM・TV出演、バックダンサーまで、あらゆるダンスを大胆かつ繊細に咲かす表現者。即興ダンスを振付師香瑠鼓に師事。これまでに森下真樹、近藤良平、キリコラージュ、撫肩GUYDANCE等の作品に参加。


沢代キュートン(ポージングユニット)

沢代消防団のメンバーを中心に結成された世界を代表する(?)ポージングユニット。地元南郷の夏祭りや結婚式の余興等で注目を浴びている。2012南郷アートプロジェクトに出演。ロッテ・エナジーガム発売記念『ENGINE×キュートン動画コンテスト』に参加。

八戸釦音堂(ジャズバンド・5日のみ)

昨年の「酔っ払いに愛を」より結成された、トランペットの田中健太郎率いる八戸釦音堂(ハチノヘスイッチオンドウ)。「なぜ人は釦(ぼたん)を見ると押したい衝動を抑えられないのか・・・」釦をスイッチになぞらえ、お酒や音でスイッチの入る人間心理を音楽で誘います。貴方のスイッチを今年も週末ミュージシャン八戸釦音堂がSwitch ON…。

森下真樹(監修)

幼少期に転勤族に育ち、転校先の友達作りで開発された遊びがダンスのルーツ。2003年ソロ活動開始。これまでに10カ国以上でソロを上演。周囲を巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークかつパワフルな森下ワールドが特徴。青森県立美術館、国際芸術センター青森、十和田市現代美術館など青森県内でのパフォーマンス実績も多い。最近では森山未來、満島ひかり主演、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出/振付作品『100万回生きたねこ』に出演。南郷アートプロジェクトへの出演は3年目となる。
ホームページ:http://maki-m.com

問い合わせ:
八戸市南郷文化ホール
TEL:0178-60-8080 ​Mail:75info@nangoartproject.jp
   ※休館日(毎週月曜日但し、祝日等に当たる場合は翌日火曜日)を除く。

南郷アートプロジェクト2013 コミュニティプロジェクト
主催:八戸市、株式会社アート&コミュニティ(八戸市南郷文化ホール・八戸市公会堂・八戸市公民館指定管理者)
助成:財団法人地域創造

酔っ払いに愛を ~横丁オンリーユーシアター~

八戸名物の「横丁」は、全国的にも珍しい、古くから残る小路と小さなお店が連なるエリアです。
「横丁」は、どんなお客様もあたたかくお迎えし、1人で行っても、みんなで行っても、発見や驚き、新しい出会いをもたらしてくれます。
「酔っ払いに愛を~横丁オンリーユーシアター~」は、そんな横丁の小さなお店を劇場に見立て、ダンス、芝居などのパフォーマンスが同時多発的に繰り広げられるプロジェクトです。
扉の奥には、想いもかけない非日常的な光景が待っていることでしょう。
横丁に期間限定で出現するシアターの雰囲気と、個性溢れるアーティストによるパフォーマンスを、お酒を片手にどうぞお楽しみください。

日時:
2013年10月4日(金)・5日(土)
     10月11日(金)・12日(土)
場所:
八戸市の中心街横丁
観覧チケット:
1枚1000円【お店で引き換えできる1ドリンク券付き】で
全ての会場を観覧可。

※チケットは1日限り有効です。日ごとに出演者が異なりますのでお好きな日をお選びください。
※横丁の小さな空間を使用するため、混雑の場合お待ちいただくことがあります。

チケット購入方法:
9月6日(金)より、八戸ポータルミュージアムはっち1Fインフォメーションにて販売開始いたします。数に限りがございますので、お早めにお買い求めください。
問い合わせ:
酔っ払いに愛を実行委員会
TEL:090-5781-5319 Mail:yopparai8@gmail.com

主催:酔っ払いに愛を実行委員会、八戸市(八戸ポータルミュージアム はっち)
助成:公益財団法人アサヒビール芸術文化財団
特別協賛:アサヒビール株式会社