大駱駝艦・田村一行 舞踏公演『血~八戸特別編』

平成25年度 公共ホール現代ダンス活性化支援事業・八戸市南郷文化ホール文化事業

日時:
2013年9月1日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:
八戸市南郷文化ホール
振付・演出・美術:
田村一行
出演(大駱駝艦):
田村一行 松田篤史 塩谷智司 我妻恵美子
制作(大駱駝艦):
山本 良
チケット:
一般 500円 高校生以下無料(要整理券)
チケット取扱先:
八戸市南郷文化ホール TEL:0178-60-8080
※休館日(毎週月曜日但し、祝日等に当たる場合は翌日火曜日)を除く。
     八戸市公会堂 TEL:0178-44-7171
無料シャトルバス:
八戸市南郷文化ホールへの無料シャトルバスを運行します。
(要整理券・先着54名、上記チケット取扱先でお申込みください。)

【往路】八戸市庁前バス停(13:00発)→八戸市南郷文化ホール(13:30着)
【復路】公演終了後に発車。八戸市庁前バス停着

アフタートーク

日時:
2013年9月1日(日)上演終了後(約20分)
出演:
田村一行(舞踏家)ほか
司会:
大澤苑美(八戸市まちづくり文化推進室 芸術環境創造専門員)

舞踏ワークショップ開催!「大駱駝艦の“舞踏”を体験しよう!」

田村一行による一般向けの舞踏ワークショップ。舞踏のおもしろさ、味わいを身体を動かして体験してみよう。

日時:
8月27日(火)、28日(水)19:00~21:00
会場:
八戸市南郷文化ホール
参加費:
無料
定員:
20名程度(中学生以上対象)
持ち物:
動きやすい服装、タオル、飲み物

地域交流プログラム(アウトリーチ)

※アウトリーチは学校や福祉施設を対象としたワークショップです。一般の方の参加はできません。

実施日 時間 会場 対象
地域交流
プログラム
8月28日 9:00~10:30 八戸市立
島守小学校
1~4年生
(32名)
8月28日 14:00~15:30 八戸学院
短期大学
幼児保育学科
(20名)
8月30日 9:00~10:30 八戸市立
島守小学校
5・6年生
(20名)

世界に誇る舞踏カンパニー“大駱駝艦”の舞踏手、
田村一行が八戸に登場!

遥か太古より流れ来る祖先の血。その川をさかのぼり、誰もが背負う個のルーツに挑む。この終わりの見えない長い旅路、上演を重ねる毎に小さな足跡を少しずつ刻み、一歩また一歩と歩んでいく。
2008年東京での初演以来、各地で好評を得ている『血』。今回は男女混合4人の舞踏手による「八戸特別編」としてお届けします。

大駱駝艦・田村一行 舞踏公演『血~八戸特別編』 PDF

舞踏とは

1950年代に日本で生まれた踊りの種類の一つです。大駱駝艦は1972年、麿赤兒によって旗揚げされ、以来“舞踏界”を牽引してきました。白塗り・剃髪・裸体などの外見的な特徴がインパクトを与えますが、その根本にある、個人ならではの肉体と向き合う方法や、根源的な背景へアプローチしていくという考え方は、広く芸術の世界に通低し、幅広いジャンルの人々に影響を与え続けてきました。現在では世界各国から注目される、日本を代表する表現形態の一つとなっています。


田村一行(舞踏家)

田村一行(舞踏家)

1998年大駱駝艦に入艦。舞踏家・俳優である麿赤兒に師事。02年より大駱駝艦のスタジオ「壺中天」にて、自らの振付・演出作品の創作を開始。緻密な振付で構成する作品には、新たな舞踏の可能性が注目されている。08年文化庁新進芸術家海外留学制度により、フランスを拠点に活躍する振付家、ジョセフ・ナジの元へ留学。小野寺修二、宮本亜門、白井晃、渡辺えりの舞台など客演も多数。舞踏の特性を活かしたワークショップは、子供から高齢者、高校・大学、各分野のアーティストまで幅広く好評を得ている。
(財)地域創造登録アーティスト

大駱駝艦(舞踏カンパニー)

1972年創設。麿赤兒主宰。
その様式を天賦典式(てんぷてんしき:この世に生まれ入ったことこそ大いなる才能とす)と名付け、常に忘れ去られた「身振り・手振り」を採集、構築しすでに60を超える作品を生み出している。1982年舞踏カンパニーとしては、初のフランス、アメリカ公演を行い、鮮烈なインパクトを与え広く「Butoh」を浸透させる。
1974年、87年、96年、99年、07年舞踊批評家協会賞受賞。
大駱駝艦ホームページ http://www.dairakudakan.com

問い合わせ:
八戸市南郷文化ホール
TEL:0178-60-8080 ​Mail:75info@nangoartproject.jp
   ※休館日(毎週月曜日但し、祝日等に当たる場合は翌日火曜日)を除く。

南郷アートプロジェクト2013 連携事業
主催:八戸市、株式会社アート&コミュニティ(八戸市南郷文化ホール・八戸市公会堂・八戸市公民館指定管理者)
助成:財団法人地域創造
協力:八戸市南郷区のみなさん、八戸市立島守小学校、八戸学院短期大学