なんごう小さな芸術祭


概要をみる

11/11(SUN)

700年の田んぼの恵みを味わう。

700年前から米づくりが行われている「中世の田んぼ」の収穫祭と、収穫祭を盛り上げる愉快なパフォーマンスを鑑賞いただくバスツアー。

AM8:30

八戸ポータルミュージアムはっち 集合

旅のはじまりは八戸の「玄関口」から。八戸の歴史や文化を知ることができる、中心街の文化観光交流施設「はっち」に集合。

AM9:00

龍興山へお参り

豊作の感謝をこめて、島守盆地にそびえたつ龍興山へ約20分ほどかけて登り、頂上の龍興山神社へお参りをします。

※雨天時は龍興山のふもとの散策と、福一満虚空蔵菩薩堂の参拝を行います。

AM10:00

芸術祭の作品を鑑賞

自然や人の営み、食文化といった南郷の「風土」と出会う表現をお楽しみください。

AM11:00

中世の田んぼを見学

中世(鎌倉時代後期)から現在まで、米づくりが続いている「中世の田んぼ」を見学。有志らによって結成された「中世の田んぼクラブ」が運営を行い、誰もが「村民」になって米づくりに参加できる「すまもり村」が展開されています。

※雨天決行

すまもり村の収穫ショー①を鑑賞

収穫を祝い、新米を味わう「すまもり村の収穫祭」で繰り広げられるパフォーマンスを鑑賞します。

※雨天時はビニールハウス内にて鑑賞します。

AM12:00

昼食

中世の田んぼで作られた「すまもり村の新米」をご堪能ください。

PM13:00

すまもり村の収穫ショー②を鑑賞

PM13:45

鷹ノ巣展望台を見学

島守盆地が一望できる鷹ノ巣展望台。眼下に広がる風景をご覧ください。

※雨天決行

PM14:30

山の楽校のクラフト市を見学

廃校を活用した体験交流施設「山の楽校」で、この週末に開催されているクラフト市に立ち寄ります。

PM15:30

南郷出発

PM16:00

八戸ポータルミュージアムはっち 着

概要

日時
11月11日(日) 8:30~16:00
料金
お一人様 1,000円[税込](昼食代)
集合・
解散場所
八戸ポータルミュージアム はっち 正面玄関前
交通手段
貸切バス
定員
20名(先着順、最小催行人数2名)
申込締切
WEB:11月2日(金)[来店等締切:10月26日(金)]
申込先
(株)日本旅行東北八戸支店
八戸市番町25クマガイビル2F(9:30~12:00、13:00~17:30 土日祝休業)
0178-44-2241 0178-43-1067
hachinohe_net@nta.co.jp
申込み専用サイト
http://va.apollon.nta.co.jp/nango-art/
申込方法
来店、電話、FAX、メールまたは申込み専用サイトにてお申込みください。
ツアー申込書(FAX用)はこちら

お知らせ

  • 当日の天候や交通状況などによって、ツアーの内容や時間を変更する場合がございます。
  • 掲載している写真は全てイメージです。

一覧へもどる

お申し込み