なんごう小さな芸術祭


概要をみる

10/28(SUN)

くじらむらへようこそ

捕鯨漁への出稼ぎ従事者が多く、海がないのに「くじらの村」と呼ばれていた南郷。その歴史に着目にした演劇公演鑑賞やくじらの資料見学といった、「くじらむら」の面影を辿るバスツアー。

AM10:00

八戸ポータルミュージアムはっち
集合

旅のはじまりは八戸の「玄関口」から。八戸の歴史や文化を知ることができる、中心街の文化観光交流施設「はっち」に集合。

AM10:30

現代アート展を鑑賞(頃巻沢公民館)

昭和50年に閉校した木造の小学校で、八戸のアーティスト+フィリピンからの滞在アーティストによる現代アートの展示を鑑賞。

AM11:20

昼食(いろり亭)

かつては海の男だったご主人が営む、南郷の食事処「いろり亭」で昼食をとります。

AM12:30

くじらのモリの見学(道の駅なんごう)

実際に捕鯨漁で使われていたモリをご覧いただきます。

PM12:45

道の駅なんごうに立ち寄り

「道の駅なんごう」では、旬の野菜やフルーツ、南郷の特産品などがお買い求めいただけます。併設する「ジャズの館」もぜひ見学を。

PM13:30

中屋敷法仁演劇公演「くじらむら」を鑑賞(八戸市南郷文化ホール)

青森県十和田市出身の劇作家・脚本家の中屋敷法仁が、捕鯨漁従事者の多かった南郷の歴史にインスピレーションを得た演劇作品「くじらむら」を鑑賞します。

PM15:30

くじら漁に関する資料見学(八戸市南郷歴史民俗資料館)

島守地区にある歴史民俗資料館では、南郷の捕鯨漁にまつわる資料をご覧いただきます。

PM16:00

芸術祭の作品を鑑賞

自然や人の営み、食文化といった南郷の「風土」と出会う表現をお楽しみください。

PM17:00

南郷出発

PM17:30

八戸ポータルミュージアムはっち 着

概要

日時
10月28日(日) 10:00~17:30
料金
お一人様 2,500円[税込](昼食代、チケット代)
集合・
解散場所
八戸ポータルミュージアム はっち インフォメーション前
交通手段
貸切バス
定員
20名(先着順、最小催行人数2名)
申込締切
WEB:10月19日(金)[来店等締切:10月12日(金)]
申込先
(株)日本旅行東北八戸支店
八戸市番町25クマガイビル2F(9:30~12:00、13:00~17:30 土日祝休業)
0178-44-2241 0178-43-1067
hachinohe_net@nta.co.jp
申込み専用サイト
http://va.apollon.nta.co.jp/nango-art/
申込方法
来店、電話、FAX、メールまたは申込み専用サイトにてお申込みください。
ツアー申込書(FAX用)はこちら

お知らせ

  • 当日の天候や交通状況などによって、ツアーの内容や時間を変更する場合がございます。
  • 掲載している写真は全てイメージです。

一覧へもどる

お申し込み