なんごう小さな芸術祭

  • 体験
  • イベント
  • 有料
  • 食べる

11/3(土)

barスマモリ

南郷島守地区に住むアーティストの山本耕一郎が、島守で仕掛ける、多世代の出会いや交流を生み出す集いの場「barスマモリ」。地域内外のさまざまな方がマスターとなって、自慢の料理を振る舞います。 今回のマスターは、八戸移住者トリオです。市が推進する「八戸ワイン産業創出プロジェクト」に携わるため、山梨県のワイナリーに勤めた後、八戸へ移住した地域おこし協力隊の安達貴さん。ドイツで生まれた癒しの楽器「タオライアー」の職人の寺本雄治さんとタオライアー奏者のNonoさん。
それぞれに話題が豊富な3人とアーティストの山本さんと一緒に、地域がちょっと、もっと楽しくなる時間を過ごしてみませんか。

マスター:安達貴(八戸市地域おこし協力隊員)、寺本雄治、Nono(南郷に移住してきたタオライアー職人と奏者)
企画:山本耕一郎(アーティスト)

プロフィール
山本耕一郎(アーティスト)
山本耕一郎(アーティスト)

1969年名古屋生まれ。
筑波大学卒。
英国ロイヤルカレッジオブアート大学院修了。
「アサヒアートフェスティバル」、「トヨタ子どもとアーティストの出会い」などに参加。まちの人たちのうわさが書かれたフキダシを商店街に貼り出す「ニッポンのうわさ」シリーズや、小学生と一緒にまちに住む人たちの記念日が書かれたカレンダーを作る「まちカレ」など、地域と深く関わるプロェクトを展開している。

2012年から、南郷の島守荒谷地区に移住し、空き家を再生する「山本さんち」プロジェクトを行う。2014年からは八戸市中心街をフィールドとして、まちに“なんか楽しそう”を作り出す市民集団「まちぐみ」をスタートし、南郷にとどまらず、全国でプロジェクトを進行中。

日時
2018/11/3(土) 18:30~21:00
場所
山本さんち(八戸市南郷大字島守字春日11)【MAPをみる
料金
750円(申込不要)※当日精算、ご自分のお飲み物はお持ちください。

お申し込み