なんごう小さな芸術祭

  • 展示
  • 無料
  • 見る

10/20(土)-11/11(日)

現代アート展「INCIDENTS in NANGO」
(インシデンツ イン ナンゴウ)

2015、2016に八戸市で開催された現代アート展「INCIDENTS(インシデンツ)」。南郷アートプロジェクトに関連し、第3回として南郷地域で八戸市在住のアーティスト5名による展示を行います。
「INCIDENT(インシデント)」とは、「事象、事件、事例、出来事、偶発的な、入射」を意味し、不幸にして起きてしまった“偶然の過ち”を示します。しかし失敗が新たな発見につながることのように、「INCIDENT」はその先にある転換という “チャンス”を示すこともできます。
現代美術にはさまざまな媒体があり、その表現の受け取り方には正解と呼べるものがないほど、多様な思考や感情を引き起こします。視覚的な心地よさに限らず、作品は受けとる側へと「意思」や「意識」を投げかけているのです。それらとの偶発的な出会いが、新たな価値観を私たちにもたらす“チャンス”になることでしょう。 度重なる挑戦と逸脱を繰り返しながら、物事と真摯に向きあってきたアーティストによる、「INCIDENTS(インシデンツ)」という名の“アップライジング(決起)”をご覧ください。

アーティスト:池田拓馬(美術家)、佐貫巧(画家)、しばやまいぬ(少女版画作家・イラストレーター)、東方悠平(美術家)、皆川俊平(美術家)

プロフィール
池田拓馬(美術家)
池田拓馬

美術家/八戸学院大学短期大学部幼児保育学科 美術専任講師。
1983年神奈川県出身。
東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
触れることのできないイメージや時間の一端を映像機器を用い切り取り、質感を伴うような視覚表現を行う。物質と映像、行為が一体となる映像表現を試みている。

主な個展に2018年「表層の体積」展、2016年「重たい時間/見えない空気」タカシソメミヤギャラリー、2016年「山にあく風景」十和田市現代美術館・奥入瀬渓流館、2015年「From now on!! 藤沢発、アートのこれから」FAS - 藤沢市アートスペースなど。「群馬青年ビエンナーレ」2012、2015入選 群馬県立近代美術館。

佐貫巧(画家)
佐貫巧

静岡県出身、八戸市在住。
東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
現在、八戸学院大学短期大学部幼児保育学科美術専任講師。観る者と呼応して現れる「かたち」が、生活の中で感じるイメージや記憶と密接に関わることをテーマとし、絵画を軸に彫刻や写真などにも展開している。

2013年に新しいマテリアルの表現作家を集めたグループ展「TRICK-DIMENSION」TOLOT(heuristic SHINONOME )/東京などさまざまな展覧会に出品。南郷アートプロジェクト「映画つくろう!シリーズ」の美術・衣装担当。現代芸術教室「アートイズ」主宰。

しばやまいぬ(少女版画作家・イラストレーター)
しばやまいぬ

少女版画作家・イラストレーター。
1989年八戸市出身。
北翔大学芸術メディア学科グラフィックデザイン專攻終了。
女子高生の等身大な曲線や仕草、制服の着こなしなどを魅力的に描き、季節や流行の変化を取り入れながら、冒険心を掻き立てる木版画・イラストを制作。

少女の自己肯定感と自立心を育む表現を目指している。
2015年、三鷹ユメノギャラリーで壁に直接絵を描く個展を開催、木版画の個展としては2017年「疾風少女版画展」十和田市、2018年「疾風少女版画展2」八戸市で開催。2018年、AOMORIトリエンナーレ「棟方志功国際板画大賞」入選、2018年フリーペーパー「はちティーン」発行。

東方悠平(美術家)
東方悠平

美術家/八戸工業大学感性デザイン学部創生デザイン学科 講師。
1982年札幌市出身。
筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース 修了。

日用品や鉄、水、マスコットキャラクターなど、異なる素材や記号、コンテクストを自在に組み替えたユーモアのあるインスタレーションや、ワークショップなどを手がける。主な展覧会に、個展「死なないM浦Y一郎」(Art Center Ongoing、2013年)、「第13回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展(2010年)、「札幌国際芸術祭2017」(2017年)、「奥能登国際芸術祭2017」(2017年)など。また、2017年より八戸市内でアーティスト・イン・レジデンスプログラム「AIR-H」を運営している。

皆川俊平(美術家)
皆川俊平

美術家/八戸工業大学感性デザイン学部創生デザイン学科 講師。
1982年神奈川県生まれ。
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻 修了。

関係、認識のズレ、他者との境界といった事物・事象の閾(しきい)を、鑑賞者の身体感覚を伴って明らかとする表現を基軸に、絵画やインスタレーションなどを展開している。主な展覧会に「TRANSITION」(Fluide Art Contemporain/シェメリ-フランス/2016年)、「みつけること/またみつけること」(FAS - 藤沢市アートスペース/神奈川県/2016年)、「WATARASE Art Project」(群馬県桐生市・みどり市、栃木県日光市/2006〜2015年)など。

日時
2018/10/20(土)~2018/11/11(日)の土・日 10:00~16:00
場所
頃巻沢公民館(八戸市南郷大字頃巻沢字蒼前下38番地1)【MAPをみる
料金
入場無料

お申し込み