なんごう小さな芸術祭

  • 公演
  • 無料
  • 見る

芸をあつめる。

10/20(土)

南郷紅白大演会

ジャズ、民謡、カラオケまで、なんでもござれの南郷の芸達者たちと、コンテンポラリーダンサーたちが、一日限りの演芸ショーを繰り広げます。ダンス集団「TABATHA(タバサ)」率いる紅組と、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>率いる白組の二手に分かれ、老いも若きも踊って歌う。紅組、白組、勝つのはさてどっち?!

出演:TABATHA(ダンス集団)、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>、南郷歌謡愛好会、馬場英雄、Swing Berry Jazz Orchestra、ほか

プロフィール
TABATHA[タバサ](ダンス集団)
TABATHA[タバサ](ダンス集団)

岡本優が振付・構成・総合演出を行う。
クラシックバレエがベースの振付には、コンプレックスを抱える己れの恐怖心や羞恥心を超え、身体の可能性を伸張し、POPでいて強烈な、重量感のある身体表現を目指す。観客を巻き込みながら行うパフォーマンスを得意とし、初めてダンスを見る方でも親しみやすく、衣装や装飾にこだわりを持ち、視覚的に目を引く演出を展開する。パーティー形式の公演(TABATHA爆発単独PARTY!!)や劇場以外でのパフオーマンスを多数行い、場所を選ばず活動。MV・映像作品にも出演するなど、活動の幅を広げている。ちょっとダサくて、かっこいい。一度見たら病みつきになるような、全員めがねの爆発ダンス集団。NEXTREAM21 in RIKKOUKAI vol.11公開ダンスコンテスト一般部門 優秀賞受賞。主宰岡本はトヨタコレオグラフィーアワード2012ファイナリスト。

和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>
まだこばやし

玉川大学芸術学部和太鼓チームの卒業生であるダンサー・和太鼓奏者により2014年に結成。
長谷川暢を中心に、酒井直之、齊藤礼人(太鼓センター)、山崎眞結の4人で構成されている。
全員がダンスと和太鼓演奏を兼任するパフォーマンススタイルで、都内を中心に活動している。
迫力と冗談と原始的な力を武器に、和太鼓演奏の身体性と、音楽的な身体が交錯する力強い作品を創作している。

これまでの主な作品として「がわ」、「まうら」、「それぞなる」等がある。

日時
2018/10/20(土) 13:30開演(13:00開場)
場所
南郷公民館(八戸市南郷大字市野沢字黒坂7番地2)【MAPをみる
料金
入場無料【全席自由】

お申し込み