なんごう小さな芸術祭

  • 体験
  • 無料
  • 食べる

食をあつめる。

10/20(土)-11/11(日)の金・土・日

南郷のおうち

全国各地で食とアートを結びつけるプロジェクトを仕掛ける現代美術家EAT&ART TARO。南郷で活動するなかで出会った、個人のお家や集落の人が使う集会所など「行けそうで行けない場所」で出てくる、特別じゃないけどどこか「風土」を感じさせる食べ物を、芸術祭に来た方が味わえるスペースを開きます。孫のTAROとその友人が、気の向くままに、南郷の食のことを教えてくれたり、ちょっとした食べ物をふるまってくれたりする、どこから見ても普通の一軒家の「とあるおばあちゃんのおうち」です。

アーティスト:EAT&ART TARO(現代美術家)

プロフィール
EAT&ART TARO(現代美術家)
EAT&ART TARO

調理師学校、飲食店を経てアーティストに。
これまでに、自分で購入したものが次の人のものになってしまう、おごることしかできないお店「おごりカフェ」や、昭和の料理本を調査収集し、レシピ再現などを行う「レトロクッキング」、美味しいおにぎりを食べるためだけに参加者と共に運動会をする「おにぎりのための、毎週運動会」など食をテーマにした作品を多数発表している。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)、瀬戸内国際芸術祭(香川)など。

日時
10/20(土)~11/11(日)の金・土・日 10:00~16:00
場所
舘のやかた近くの個人宅(青森県八戸市南郷大字島守字舘22-1付近)【MAPをみる
※舘のやかたから案内看板あり。
料金
入場無料(申込不要)

お申し込み