Loading...

Loading...

南郷アートプロジェクト|なんごうをあつめる。

\ NEWS /

テーマ

八戸市南郷を舞台に、アートで地域の魅力を再発見する「南郷アートプロジェクト」

2017年のテーマは昨年に続き“ なんごうをあつめる。”

「ね、南郷っておもしろいでしょ」と言える愛おしいものたちを、
プロジェクトを通じて、集めていきます。

プロジェクト

2017 PROJECT

  • 旬をあつめる。

    南郷サマーダンスコレクション in 山の楽校

    日本女子体育大学ダンス・プロデュース研究部とサマーダンスセミナー参加者が創作した作品と、チルボン仮面舞踏、南部民謡と手踊りをお楽しみください。

    【日時】
    2017年8月20日(日)
    【会場】
    山の楽校
  • 旬をあつめる。

    活動記録展「物語をあつめる。」

    「物語をあつめる。」では地域の方々から昔のお話を伺い、それぞれの記憶の中にある小さな南郷の物語を集めています。その取材時に撮影した風景や人々を紹介します。

    【日時】
    2017年8月5日(土)~9月3日(日)
    【会場】
    山の楽校
  • 旬をあつめる。

    染色ワークショップ「夏の色をあつめる。」

    染色作家の岡博美を“所長”に「南郷の四季の色」を集めるプロジェクトを今年度からスタート。8月は南郷で集めた「夏の植物」を用いて、草木染めのワークショップを開催します。

    【日時】
    2017年8月26日(土)、8月27日(日)
    【会場】
    南郷公民館
  • 旬をあつめる。

    サマーダンスセミナー in 南郷

    日本女子体育大学の学生たちからダンスを学ぼう!夏の南郷でダンスにひたる3日間。

    【日時】
    2017年8月18日(金)~20日(日)
    【会場】
    南郷体育館、南郷公民館、カッコーの森エコーランド野外ステージ、山の楽校
  • 躍動をあつめる。

    ダンス公演DANCE × JAZZ vol.6

    「ジャズの里、南郷」で、「ジャズ」と「コンテンポラリーダンス」を組み合わせた、新しい作品のクリエイションを試みるダンス公演の第6弾。

    【日時】
    2017年12月9日(土)・10日(日)
    【会場】
    八戸市南郷文化ホール

2016 - 2018 PROJECT

  • 物語をあつめる。

    なんごうカルタ

    地域の方々から個人や集落にまつわるエピソード、地域に残る知恵を伺い、南郷の「物語」を集め、カルタとして編纂します。

    【期間】
    2016年6月〜
  • 色をあつめる。

    なんごう彩り研究所

    染色作家の岡博美を“所長”に「南郷の四季の色」を集めるプロジェクトを実施します。

    【第1回】
    2017年8月26日(土)、27日(日)
    【第2回】
    2017年10月28日(土)、29日(日)
    【第3回】
    2018年1月27日(土)、28日(日)
    【会場】
    南郷公民館
  • 郷土をあつめる。

    クジラの里の物語

    かつて「クジラの里」とも呼ばれ、捕鯨を生業としていた人が多かった南郷。地域の歴史に焦点を当て、「クジラ漁」をテーマに、郷土を見つめなおす舞台作品を創作します。

    【期間】
    2017年7月〜
  • 食をあつめる。

    なんごうレシピ

    地域の方々から料理を習い、南郷の暮らしの中にある「レシピ」を集めながら、南郷の食文化を味わうプログラムを実施します。

    【期間】
    2017年6月〜
    【会場】
    山の楽校ほか
  • 技をあつめる。

    なんごうギフトカタログ(仮)

    「技」がつまった“とっておき”の農作物や加工品、体験プログラムなどをリサーチして全国に発信するとともに、それらを実際に買える仕組みをつくります。

    【日程】
    2017年6月〜

2018PROJECT

物語をあつめる

世増のものがたり

STORY04

世増のものがたり

世増と書いて「よまさり」と読むこの地域は、島守盆地の南端から、新井田川に沿って2キロほどの山間部にあります。南側には畑内地区。あわせて50戸ほどの家に、約200人が暮らしていました。葉たばこの栽培など農業をなりわいとし、ヤマメやイワナなど、川魚の恵みもありました。そんな地域にダム建設の話が出たのは昭和30年代後半。ダム建設によって世増、畑内、水吉のあわせて71軒が水没することになり、住民が高台に移転することを余儀なくされました。世増のものがたり。それは、川の怖さも優しさも受け止めて生きてきた“水の民”の小さなヒストリー。では、はじまり、はじまり。

READ MORE

物語をもっと読む